平均滞在時間45秒、視聴完了率52%!~iAd for Brands活用事例~

2015/9/15

AppleのiOSアップデートでコンテンツ・コントロールの1要素としての広告ブロック機能が話題になっています。
しかし、これはWeb広告(ブラウザ広告)での話しであり、アプリ内広告がブロックされるわけではありません。

Appleにとって、アプリは収益源であり、また新たにiOS9で追加される予定の「News」への広告枠が設けられることからもアプリ内広告は、これから伸びていく領域だと考えることができます。実際に様々な海外の調査でも、アプリの利用および滞在時間はブラウザ利用を圧倒しているのが実情のようです。(※1)

今回は、Appleの公式アドネットワーク「iAd」の中でもリッチクリエイティブを配信可能にする「iAd for Brands」を活用した事例紹介です。

iAd for Brandsとは

特定の期間に、配信量を保証して買い切る予約型(純広型)のメニュー。
リッチクリエイティブの実施やキャンペーンのプロモーションに利用したい手法。
※完全買い切りのtake-over(ジャック)が入らない限り、最も優先配信される。

配信したクリエイティブについて(バナー) ※フルサイズと通常サイズ
ゴルゴ1

バナータップ後のリッチクリエイティブ ※アニメーション後の動画再生、LP遷移ボタン
ゴルゴ2
アプリ内にバナー広告が表示され、クリックすることでコンテンツページへ、動画再生とキャンペーン応募ページへのLP遷移のCTAの選択が可能です。

 

▼アプリ内広告について

フルサイズと通常サイズのバナーを配信した。国内の在庫の関係上、配信ボリュームはフルサイズは伸びませんでしたが、実施した価値は十分にあります。通常バナーのCTRが0.36%に対して、フルサイズは0.84%のコンテンツへの遷移率を記録しました。(媒体平均値よりも高い)。また、インサイトレポートでターゲット層の35歳から55歳以上の人が平均クリック率が高い点もわかっています。AppleIDに紐付いた情報なのでユーザーデータは正確です。

 

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事