リツイート数3万回以上! 人の心を動かす、Twitter広告のクリエイティブ事例

koyasan_adronTOP

 

GMO NIKKO 主にソーシャルメディア広告を担当するコンサルタントの小柳と申します。

今回は効果的な活用が広がるTwitter広告と、効果的なクリエイティブに関する記事投稿です。

著名人や企業の言動や行動が、Twitterを通じて拡散されるケースは多いです。それは決してネガティブな情報ばかりでなく、
マーケティングにおいて伝えたい発信を効率よく瞬間的に、より多くのユーザーに拡散させることができます。

▼媒体としての特徴と使われ方

ユーザーが面白い出来事(ツイート自体や写真、動画など)を探したり、
好きな芸能人の情報を探したり、直感的にお気に入りに登録したり、
拡散していくのがTwitterの醍醐味だと思いますが
媒体の特徴としては、他にも下記のようなものがあります。

・同じような興味関心を持つユーザー同士でコミュニティが形成される
・ユーザーが気に入ったツイート、面白いなと思ったツイートは、リツイート(拡散)される
・特定の情報を収集(もしくは発信)しやすいようハッシュタグ(#)が使われれる

近年では、ハッシュタグを使って
ユーザー同士がお笑いの大喜利のような事をしていたり、
他のSNSとは一線を画す、非常にユニークな媒体となっています。
匿名だからこそ直感的で自由な発言ができ、
見知らぬ人達をフォローし合い、”ハッシュタグ”で話題を共有し、
純粋に面白いと思えるもので、盛り上がる事ができる場になっているのかもしれません。

▼最近のTwitter広告について

最近、Twitterのタイムライン上でよく見かける広告として
アプリインストール広告というものがあり、弊社での案件も増えています。
これはiPhone、iPadなどのiOS端末であればAppStoreに、
Android端末であればGoogle Playのアプリをインストールするページへ直接リンクするもので
無料のゲームアプリ等の広告が非常に多く出稿されているのを見かけます。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事