Yahoo!アプリインストール広告登場、増加するネイティブ広告

2015/5/22

「Yahoo!アプリインストール広告」がリリースされました。本記事では「Yahoo!アプリインストール広告」についてお伝えするとともに、昨今増加しているネイティブ広告やインフィード広告の特徴や効果的な利用方法をご紹介しています。中でもインフィード広告はFacebookやTwitterですでに馴染みのあるフォーマットですが、IBAがまとめた「THE NATIVE ADVERTISING PLAYBOOK」をベースにインフィード広告を3つに分類し、効果的な広告出稿やLP(ランディングページ)の重要性について詳しく説明しています。

また、Yahoo!アプリインストール広告の連携済み効果測定ツールのうち、弊社の提供ツールであるGMO MARKETING SUITEとApsalarという2つツールについてもご紹介いたします。

 

■インフィード広告とは?ネイティブ広告とは?なぜ増えている?

ネイティブ広告の定義については、過去に様々な説明がなされてきましたが、JIAAネイティブアド研究会の定義によると次のようになります。

”デザイン、内容、フォーマットが、媒体社が編集する記事・コンテンツの形式や提供するサービスの機能と同様でそれらと一体化しており、ユーザーの情報利用体験を妨げない広告を指す。”
引用:JIAAネイティブアド研究会「ネイティブ広告の定義と用語解説」

インフィード広告はネイティブ広告の一種で、記事・コンテンツと一体感のあるデザイン、フォーマットで設置された「誘導枠」のことをいいます。最近は、様々なメディアからインフィード広告が続々とリリースされています。それにはどのような背景があるのでしょうか。
 
そもそも広告は、広告主にとっては、自社の商品やサービスをできるだけ多くの人に見て欲しい、できれば好きになって、購入してほしいと思って出稿しているものです。一方、生活者にとっては、自分に無関係の広告は不要であり、時には不快感さえ持つことがある存在です。つまり、広告の歴史とは、いかにオーディエンスに見てもらうか、興味を持ってもらうかの工夫の歴史だったとも言えます。
 
スマホでのインターネット接続が加速する中において、そうした観点からも、各メディアはスマホに最適化したUIによってユーザー体験を高める努力をするとともに、広告についてもユーザーとの親和性を高めるためていくために、最適化された広告フォーマットが必要になりました。

そこで、オーディエンスに自然なコンテンツのように見せる形態を利用して、広告への関与の最大化を図るための新しいオンライン広告のフォーマットのひとつとしてインフィード広告が広がっているとも考えられます。

 

■インフィード広告3分類と主な計測指標

コンテンツの“フィード”の中に挿入されるネイティブ広告であるインフィード広告は、FacebookやTwitterですでに馴染みのあるフォーマットですが、JIAAネイティブアド研究会では、IBAがまとめた「THE NATIVE ADVERTISING PLAYBOOK」をベースに、インフィード広告を以下の3つに分類しています。(ネイティブ広告全体は6つに類型化されている)

native-ads-6
 

(a)媒体内誘導型

メディアの通常コンテンツの中で、周囲の記事と体裁がマッチするように、メディア側の記者やライターによって書かれたコンテンツと同じフォームで表現されます。掲載場所は保証されており、メディアの編集記事と同様にインフィード広告のリンク導線は、同じメディアサイト内のページにリンクし、基本的にメディアサイト内で完結します。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事