Facebook広告を有効活用する”Kenshoo Social”について

2015/4/17

アド論をご覧の皆様、こんにちは
GMO NIKKO コンサルタントの大西と申します。

■はじめに
今や利用していない人のほうが少なくなってきているFacebookですが、
日本国内の利用ユーザー数も堅調に伸びてきております。
ユーザー数増加に合わせて、企業がFacebookに
広告を出稿する機会も非常に多くなっております。

アド論をご覧になっている皆様は、
既にご出稿経験があるかもしれません。

■Facebook広告について
Facebook広告の大きな特徴といえば、
・非常に細かいターゲティングを設定できる。
・ユーザー属性は正確でアクティブである。
・ユーザー層に合わせた、クリエイティブを制作できる。
ことではないでしょうか。

うまく利用することができれば、
大きな効果が期待できるFacebook広告ですが、
運用側の立場では、以下の課題が顕在化します。

・もっとたくさんクリエイティブを作ってA/Bテストがしたい!
しかしながら、管理画面からの広告入稿には時間がかかる…

・ターゲティングを細かく設定し、効果の良いセグメントを見つけたい!
ただ、細かく設定すると日々の運用の工数が増えてしまう…

■Kenshooとは?
そんな課題に対しても、有力な外部ツールを活用することで
解決できてしまうのです。

そして、広告効果向上に貢献します。

今回は”Kenshoo Social”という外部ツールを活用した
Facebookの有効活用をご紹介します。

Kenshooとは、サーチ・ディスプレイ・ソーシャルの全領域を網羅した
マーケティングプラットフォームを開発している会社になります。

今回はソーシャル広告に特化した、”Kenshoo Social”についてのご紹介になります。

■Kenshoo Socialの主な機能
今回はクリエイティブ作成と、セグメント作成の機能についてご紹介いたします。

①クリエイティブ作成について
従来の入稿方法であれば、一つ一つ広告内容を設定していかなければならなかったので、
大量の広告を入稿したい場合、多くの時間がかかってしまっておりました。
Kenshoo Socialの機能を活用すれば、使用する[画像][テキスト][URL]を
個別に入稿することにより、 それぞれの掛けあわせた広告の
一括作成をすることができるようになります。

アド論執筆データ1

 

 

 

 

②セグメント作成について
クリエイティブ同様、従来の広告セット作成方法は、
一つ一つ広告セット内容を設定していかなければならなかったので、
いろいろなセグメントの効果検証をしたい場合、
多くの時間がかかってしまっておりました。

Kenshooでは、チェックボックスを選択していくことにより、
複数の広告セットを同時に作成できるので大幅に時間短縮が可能になっております。

アド論執筆データ2

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:大西 智之


立命館大学 産業社会学部 卒業。コンサルティング本部ストラテジック部所属。
SEMを中心として、WEBマーケティングを総合活用する戦略に魅力を感じ、GMO NIKKO株式会社へ入社。
現在はSNS分野に注力し、運用・分析・改善の業務に従事。
毎日広告管理画面を見ないと落ち着かないほど、広告運用の中毒となっております。

Contents

ico人気記事