動画広告~配信するために覚えておくべき3つのポイント~

2014/12/8

■はじめに

新しいテクノロジーの登場に事欠かないインターネット広告業界ですが、
今年の注目トレンドの一つとして動画広告があげられるでしょう。
2014年は動画広告の元年とも言われております。いや元年はこれまで、2回くらい過去にありましたね、。
ただ、今年は間違いなく来ています!
 
今まで動画広告といえばGoogleが提供しているYouTubeの広告が主流でありましたが、
今年に入り、その他動画プラットフォームも国内市場で盛り上がっております。
今回はYouTube以外の動画広告を始める上で
必要な基礎知識を3つのポイントでまとめました。

■ポイント1:動画広告の種類

まずは、動画広告の種類をご紹介いたします。
動画広告は大きく分けて2パターンがあります。
 
① インストリーム型広告(別名:プリロール pre-roll)
YouTubeやUstreamなど動画コンテンツの冒頭に表示される広告のこと。

最近はプリロールだけでなく、ミッドロール(mid-roll)やエンドロール(end-roll)型も出始めてます。

また、動画コンテンツの提供形態も様々ありまして、
AdVOD(Advertising Video On Demand)と言われる、動画広告の視聴を条件に、動画コンテンツの閲覧が可能となる提供モデルや、SVOD(Subscription Video On Demand)と言われる、月額の定額視聴モデルなどが普及し始めています。
 
② インディスプレイ型広告(別名:ディスプレイ型/インバナー)
従来のバナー広告の部分に動画を再生させる広告のこと。

hirano1

2つの動画種別に触れるユーザーには違いがあると考えております。

①インストリーム型広告は、動画を見ているユーザーへアプローチができるので、
完全視聴率が高くなる傾向にあります。

②インディスプレイ型広告は、配信面や配信するターゲットを選ぶことができるので、
訴求したいものと親和性の高いユーザーへ配信することが可能です。
文章の末尾に動画広告枠を用意する、インリード型広告もこちらにあたります。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:平野 駿


デジタルマーケティング本部本部所属。
新卒入社。SEO・SEMの営業を経て、現在は動画広告の運用、
分析、改善施策の提案業務に従事。3PASやアドフラウドなどのアドテク関連を幅広く対応。

Contents

ico人気記事