ディスプレイ広告パフォーマンス向上とタグマネジメントツール導入

2013/11/7

 

昨今、ディスプレイ広告メニューをご実施いただく広告主様が、非常に増えております。
これまで単一の媒体(アドネットワーク・DSP)をご利用頂いていた広告主様も、複数媒体で実施されるケースが多くなってまいりました。

このような新規広告メニューのご利用開始と一体にあるのがタグ設置です。
特にダイレクトレスポンス型のディスプレイ広告においては、複数ページ(または全ページ)へのリターゲティングタグ設置を推奨するケースが多く、場合によっては、1ページに複数タグを入れるケースもございます。

サイト内により多くのタグを設置する事により、どのようなメリットがあるのでしょうか。
次に2つのケースをご紹介いたします。

===================================

▼ケーススタディ

<ケース1:EC系クライアント様>
SnapCrab_NoName_2013-11-7_16-42-44_No-00

ケース①では、サイト訪問ユーザを1まとめにターゲティングしていました。
パフォーマンスが一定から膠着したため、訪問ユーザをページ階層ごとにセグメントしました。

結果、以下のようなパフォーマンスの改善となりました。

 

[ 実施前 ]

SnapCrab_NoName_2013-11-7_16-43-3_No-00

[ 実施後 ]

SnapCrab_NoName_2013-11-7_16-43-15_No-00

ページ階層のごとに配信の優劣を付ける事により、同予算でも獲得数を大幅に増加する事となりました。
特に詳細ページ・カートページなど一定より深い階層に到達したユーザで
パフォーマンスが大きく上がる
ことが判明しました。

===================================

<ケース2:B2Bクライアント様>
SnapCrab_NoName_2013-11-7_16-45-33_No-00

ケース②では、サイト階層毎にターゲティングしていました。
この広告主様サイトの中でパフォーマンスが平均より悪かったのは、LP離脱ユーザでした。
ですが、他のページに比べ流入ユーザ数が非常に多いため、LP離脱ユーザを離脱後経過時間で細分化する施策を実施しました。

 

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部