【クイズ付き】アドテック九州(Ad:tech kyushu) 通販ビジネス実践解説:成功するECサイトモデルとは?(ケーススタディ)

2013/6/14

スピーカーは
(株)ペンシル 覚田 義明さん
(株)エムティーアイ 小畑 陽一さん

モデレーター
(株)大広九州 月成 信裕さん
このカンファレンスは通販王国九州にふさわしい ECのモデルサイトをケーススタディたっぷりでした。
プレゼン的には(株)ペンシル 覚田 義明さんのがビビビときたのでそちらにフォーカスします。
通販ビジネス実践解説:成功するECサイトモデルとは?(ケーススタディ)
——————————————————————————–

4-1

ライオンオンラインショップは6年間に売上1500倍に

4-2

12ステップ 434項目を見直し、コンサルティングしていく。

4-3

例えばオプトイン率を向上させるために、メールを受け取らない人が、受け取らない意思を

表明した時に

4-4

受け取ると「こんなにいい事があるよ」お勧めするバナーを表示しました。

4-5

4-6

例えば継続の商品のオファーいろいろ試します。

4-7

※でも失敗もします。

カウントダウン機能を追加しましたが、無いほうがよかったです。

4-8

我々は1サイト1目的が一番いいと思います。

できれば1サイト1ドメインがいいと思います。

ですので、新規用と既存用はサイトが違ったほうがいいと思います。

4-9

改善にゴールも解も無い。常に変化しベストを探しています。

4-10

 

——————————————————————————–

このプレゼンで一番思ったのは表現によって見ている人の反応はすごく変化するということです

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:下條 泰朗


2001年 法政大学 経済学部卒業
2004年 株式会社日広(現 GMO NIKKO株式会社)入社

GMO NIKKO株式会社でコミュンケーションプランナーとして従事。
ユーザーとのコミュニケーションのあり方が複雑に変化する中で、マーケティング課題を最短で解決するアイディアを提供する。

★受賞暦
第2回 ワンクリックアワード 中島伸也賞受賞
第6回 東京インタラクティブアドアワード インテグレイテッドキャンペーン部門 銅賞
2008年クリエイター・オブ・ザ・イヤー 最終ノミネート

Contents

ico人気記事