ハイブリッドリターゲティング~訪問期間最適化のススメ~

期間

3日間に3回もサイトに訪れているユーザーなら、商品購入の見込みが高いのではないか―
そういったユーザーに、より多くの広告配信ができないか―

そんな仮説や課題を元に、「訪問期間」と「訪問回数」によってユーザーのセグメント分けが出来る配信手法、ハイブリッドリターゲティング。

CTRやCVRに大きく関わってくる画期的な手法ですが、そもそもこの「訪問期間」とはどのような数値を元に設定すれば良いのでしょうか?

今回は12月にGMO DSPにて配信していた広告事例をもとに、その分析方法をご紹介したいと思います。

 

■ユーザーがCVまでに至る「吟味」期間を分析せよ

 

今回の分析に使用したのは「初期接触からコンバージョンまでの日数」。

分析のために、厳密には異なりますが「広告への初期接触=サイトへの初期訪問」と定義しましょう。

すると「初期接触からコンバージョンまでの日数」はつまり、ユーザーが初めてサイトに訪れてから実際に商品購入に至るまでの「吟味」期間と言えます。

まずは通常のリターゲティング配信によるCVデータを元に、分布図を作成してみます。
(12/1~12/13データ)

1

※縦軸は「初期接触からコンバージョンまでの日数」
※CVデータは、1日以内にCVしたユーザー/二週間以上の長考ユーザーを除く

一見バラバラに見える「吟味期間」ですが、中央値を算出してみると5日以内にCVに至るユーザーが約半数を占めているということがわかります。

 

■訪問期間の最適化による配信効果改善

 

上記の分析を元にユーザーの吟味期間、もとい訪問期間を「5日」と設定し、12/14から「5日以内に複数回来たユーザーへ入札を強めて配信する」というハイブリッドリターゲティングに切り替えました。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事