Facebookユーザのホンネ調査① ~ Facebookで友達になりたくないのは「自分の過去を知っている人」 ~

2012/9/21

2012年9月現在、日本に在住しているFacebookユーザは1500万人程度(Facebook広告掲載ツールにて算出)と推測されます。
7月調査時(1030万人)と比較すると、たった2ヶ月で45.6%増と、その伸びは驚異的です。

昨年までは、どちらかというとIT感度の高いユーザ向けのSNSという印象が強かったのですが、ここまでユーザが増えると、かつてのmixiのように一般ユーザ向けSNSとして認識すべき時にきているのは間違いありません。

そのような背景から、弊社ではFacebookユーザのホンネを探るアンケートを実施しました。
アド論では、今記事より複数回にわたりその結果について発表していきます。

—————————————————————–
<調査概要>
・インターネット調査
・サンプル数:339s
・対象者条件:20~49才、Facebookユーザの社会人男女
—————————————————————–

 

 

友達になりたくない。でも断れない・・・。

 

今回対象者の平均友達人数42人。20代に限ると63人
20代の5人に1人は100人を超える友達を登録している、という状況です。
これだけ増えてくると、登録している友達の全てが全て親しい人ばかり、というわけにもいかないようです。

 

「気が進まない人からの友達申請を仕方なく承認してしまった」という経験がある人36%
50人以上友達登録をしている人に限ると60%の人が「仕方なく承認した経験がある」と答えています。
頼まれたら断れない優しさ(気の弱さ?)が多人数の友達登録につながってしまった、という人もいるかもしれませんね。

 

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:神津 洋幸


ストラテジックプランナー、リサーチャー。 Webプロモーションの戦略立案、Web広告効果の分析・オプティマイズ、各種リサーチなどを担当。前職はマーケティングリサーチ会社にて主に広告効果の調査・分析・研究業務に従事。2004年より現職。

Contents

ico人気記事