旅先の朝ごはんはなぜおいしい? ~非日常の空気に膨らむ欲求~

2012/5/11

今年のGW、皆さんはどのようにお過ごしになりましたか?
めったに取れないまとまったお休みを利用して、泊りがけの旅行に出かけた方も多いと思います。

ところで、旅先のホテルや旅館で食べる朝食って、なんであんなにおいしいんでしょうか?
普段の朝食はトースト1枚だけとか、コーヒーを飲むだけ、という人でも、旅先ではなぜか朝食をしっかり食べてしまうんですよね。ついつい朝からゴハンをおかわりしたり。。

あれ、なぜなんでしょう?
試しにネットで検索すると、この話題に関するスレやQ&Aが多いのにまず驚かされます。みんな同じこと思っていたんですね。
旅行中は夕食の時間がいつもより早かったり疲れて夜更かししないので結果的に規則正しい生活になっているから、とか、バイキング形式が多いのでつい欲張って取り過ぎてしまうから、とか、旅先は気分が高揚しているから、とか・・・諸説いろいろです。

 

 

 

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:神津 洋幸


ストラテジックプランナー、リサーチャー。 Webプロモーションの戦略立案、Web広告効果の分析・オプティマイズ、各種リサーチなどを担当。前職はマーケティングリサーチ会社にて主に広告効果の調査・分析・研究業務に従事。2004年より現職。

Contents

ico人気記事