センスに頼った動画制作は終わり?動画制作は論理的に科学して作る時代!

昨今のインターネット広告の中でもシェアを拡大し続けている動画広告。広告だけでなくYouTubeなどの動画コンテンツや、プレゼンの際に使うサービス説明動画など、動画の使用機会はますます増えていきます。皆さんは動画を制作する際、「一体どんな内容にすれば視聴者に効率的に訴求できるのか」という悩みを一度は抱えたことがあると思います。この記事では、最新の動画検証ツールを使った事例を交えながら論理的に「勝ち動画」を制作する方法をご紹介します。

動画クリエイティブ検証ツール「PlayAds」

GMO PlayAdが販売している「PlayAds」という動画検証ツールは、パネラーに動画を見てもらいながら「スキ」と思った瞬間、「ナットク」した瞬間にボタンを押していただくことで、視聴者の感情を可視化することができるツールです。動画のどのカットで反応が得られているのか、理解されているのかを把握することができます。
本記事の事例はこの「PlayAds」の検証結果をデータソースとしています。

トレーニングマシン販売企業の事例

まずWEBCMを検証にかけ、得られた示唆を元に動画を再編集し、もう一度検証して反応がどのように変化したかを確認しています。
1度目の検証結果を踏まえ、商品の一部分のカットで始まっていた元の動画を、検証でインタラクション(反応)が高かった、モデルがトレーニングマシンを実際に利用しているシーンから開始したものに編集し直しました。
2度目の検証を実施すると、カットは同じ動画であるにも関わらず順番を入れ替えることで全体の平均インタラクション(反応)数が10.1→13.4に上がり、123%の改善ができました。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事