コロナ時代に考えるファンマーケティングと広告の活用

2020/4/17

コミュニティの限界を超えることに広告代理店の価値がある

ファンの母数を増やすのであればインフルエンサーのアサインなどが選択肢としてあります。
また、一般ユーザーに直接アプローチする方法として、UGC広告の配信はいかがでしょう。UGCとはUser Generated Contentの略で、日本語にするとユーザー生成コンテンツになります。実際のファンのSNS投稿を広告で配信することで、ファンと繋がっていないユーザーにも口コミを届けることができます。上記のような施策を実施することで現状のファンコミュニティの限界を超えた結果を出すことができます。

UGC広告配信実績

同じ媒体同じターゲティングでクリエイティブのみ変更して配信した実績が以下になります。通常広告と比較し、UGCはCTRが1.6倍、CVRが3倍と非常に効果が高い結果になりました。やはり、口コミの効果は広告においても大きいということが分かりました。

まとめ

・ファンマーケティングは、「買わせる」ことを目的にしない
・ファンマーケティングのゴールに口コミ数という選択肢がある
・UGC広告などを活用することで広告効果の改善が可能

今回は、ファンマーケティングというテーマでお伝えしましたが、他のテーマであっても広告代理店の価値は現状の限界を超えた結果を提供することだと考えています。
成果が頭打ちしていたり、施策がマンネリしていたり、現状のやり方に限界を感じたときは是非、GMO NIKKOに一度、ご相談ください。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:吉田 一貴


立命館大学 情報理工学部卒業。2015年に新卒として入社。
リスティング広告を始めとする運用型広告の、コンサルタントとして従事。

Contents

ico人気記事