Googleアナリティクスで分析するなら必ず理解すべき「除外するURLクエリパラメータ設定」とは?

2020/4/9

設定はこれで完了です。

注意点

・パラメータは過去のデータまで遡って除外されず、設定した瞬間から除外され始めます。
・ビュー単位で設定が必要なため、複数のビューが存在する場合、すべてのビューで設定が必要です。
・必ずしもすべてのパラメータを除外する必要はありません。商品カテゴリーやIDなど必要なデータを誤って除外しないようにしましょう。
・キャンペーンパラメータ(utm_source・utm_medium・utm_campaignなど)は自動的に削除されるので設定不要です。

広告媒体・各ツールによってURLに付与されるパラメータ(例)

※2020年4月時点の情報のため内容が変更される場合があります。

上記はあくまで一例ですので、参考程度にご確認ください。

パラメータ除外設定をしていないデータで分析したい場合

パラメータ除外設定をしていない過去のデータを用いて分析する場合や、すぐに除外設定を行うのが難しい場合でも多少の工数はかかりますが、分析が可能です。

こちらも先ほどと同様にランディングページを例にご説明いたします。結論からお伝えすると、データをエクスポートしてパラメータ部分を手作業で削除し再集計します。しかし、ここで1点注意すべきことがあります。

以下の項目については合算することができないため、再計算する必要があります。

・直帰率=直帰数÷セッション数
・ページ/セッション=ページビュー数÷セッション数
・平均セッション時間=合計セッション時間÷セッション数

 

これらの項目を計算するために新しく以下の項目を追加します。
・直帰数=セッション×直帰率
・ページビュー数=セッション×ページ/セッション
・合計セッション時間=セッション×平均セッション時間

上記の方法でデータを準備して再集計すれば、
除外設定を行っていない場合でも分析が可能です。

さいごに

今回はGoogleアナリティクスで大切な「除外するURLクエリパラメータ」の確認および設定方法についてご説明いたしました。

いざ、サイト分析をしようと思ったらURLクエリパラメータ除外設定ができておらず分析にならない・・という事態になる前に、一度Googleアナリティクスの設定を確認してみてはいかがでしょうか。

弊社ではクライアント様から「Googleアナリティクスを導入しているが、サイト改修に活かせていない」・「具体的にGoogleアナリティクスでどのような分析を行えばいいのか分からない」等のお声やご相談を多く頂いております。今回ご説明した設定以外にも、サイト訪問者の特性やインサイトを可視化する様々な分析手法・サービスを提供しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:吉沢 航一


アパレルEC企業を経て2018年にGMO NIKKO株式会社へ入社。現在、主にGoogle Analyticsを用いたサイト分析に従事。クライアントへ最高のおもてなしが出来るように日々励んでおります。

Contents

ico人気記事