弊社の直帰率低すぎ・・・!? 「直帰率」から明らかになる、世にも恐ろしいGoogleアナリティクスの計測不備

2019/12/20

「あれ、ちょっと、直帰率が低すぎるんですけど…!」
 


 

そんなときに確認していただきたい点が、貴社サイトのGoogleアナリティクスタグ設置状況です。
 

先程のランディングページレポートで、直帰率が低いページを一つ選び、そのページのソースに同じGoogleアナリティクスタグが複数設置されていないか確認してください。
※Googleタグマネージャーを介したタグも含む。
 

異常な直帰率の低さの原因は、主に「Googleアナリティクスタグの重複貼り」です。
これは、本来同一のプロパティIDのGoogleアナリティクスタグは、1つのページに1つだけ設置されるべきものですが、それがなぜか複数設置されている状態を指します。
 

通常、Googleアナリティクスタグが設置されているページでは、ユーザーが該当ページを1回訪問すると、Googleアナリティクスタグが1回読み込まれ、それが1ページビューとして計測されます。
 

これに対し、重複貼りが発生しているページでは、1回で複数のGoogleアナリティクスタグ が読み込まれるので、実際は1ページビューであるところを、2ページビューとして計測されてしまいます。
 

もし、サイト訪問の入り口になりやすいページで重複貼りが起きていたらどうなるでしょうか。
 

ユーザーがそのページに訪問した段階で、2ページビューが計測されているため、実際にはユーザーが直帰していたとしても、Googleアナリティクスは直帰していないと判断します。
 

そんなページがサイト内に何ページもあったらどうなるか、もうお分かりですよね?
そう、サイト全体の直帰率が異常なほど低くなってしまいます。
 

さらに、直帰率だけに留まらず、
 

・ページビュー数が、実際よりも多く計測される
・ページ/セッションが、実際よりも高く計算される
 

といったように、直帰率以外の指標も正しく計測できなくなり、普段、広告やサイト運用の指針としているデータが実は間違っていたという可能性もあります。
 

そのため、万が一、貴社のサイト内でGoogleアナリティクスタグの重複貼りを発見された際には、残すべきタグを確認した上で、可及的速やかに重複分のタグを撤去されることを強く強くお勧めいたします。

おわりに

私どもも、お客様からアクセス解析のご依頼をいただいた際は、Googleアナリティクスの設定確認から行わせていただくのですが、お預かりしたアカウントで今回のような計測不備に遭遇すると、心の中で悲鳴をあげ「アクセス解析の前に、まずは計測不備を解消する必要がございまして…」と、泣く泣くご説明させていただいています。
 

アクセス解析に限らずですが、データというのはかけがえのないものです。
 

正しいデータであれば、様々な示唆を与えてくれますが、どこかに計測不備があると、そのデータには何の意味もなくなってしまうどころか、間違った施策を行ってしまう場合もあります。
気づくのが遅いと、それまでのデータは諦めてまた一から計測し直し…ということになりかねません。
そんな計測不備駆逐の第一歩として、まずは「直帰率」から見直してみていただけますと幸いです。
 

GMO NIKKOでは、アクセス解析や計測ツールの実装支援サービスを提供しておりますので、お気軽にお問い合せください。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:藏坪 幸


慶応義塾大学 総合政策学部卒業。
オンラインゲーム運営会社を経て、2017年に入社。
ウェブ解析士。
adjustやAppsFlyerなどのアプリ計測ツールの計測サポートやGoogle Analyticsを用いたアクセス解析に従事する。

Contents

ico人気記事