自然検索からのアクセス数が減少!?原因の見つけ方をご紹介

Step2:減少したキーワードの市場ニーズを探る

『〇〇(地名) 旅行』というキーワードの流入が減少していることがわかりましたが、一体なぜ減少してしまったのでしょうか?原因を求めるため、Step2として、減少してしまったキーワードの市場のニーズを調査します。キーワードが、Googleでどれだけ検索されているのか、グラフで見ることができるGoogleトレンド(https://trends.google.co.jp/trends/)というツールを使い、トレンドに変化がないかどうか調べてみます。
 
流入の減少が大きかった『北海道 旅行』というキーワードで調べてみると、過去2年間で需要の波はあるものの、減少はしておらず、むしろ上昇がみられる結果となりました。


この結果から、減少理由はニーズの縮小ではないことが明らかになりました。
 

Step3:そのキーワードのマーケットシェアを探る

次に考えることができるのは、今まで自社サイトに誘導してくれていたキーワードが、競合サービスや新たに参入してきたサービスに流れてしまっているという仮説です。この調査は、SimilarWebの“キーワード分析”という項目から分析を行っていきます。
 
減少したキーワードを検索すると、そのキーワードから流入を得ているサイトのシェアを確認することができます。


見てみると、今まで旅行会社Aが獲得できていたキーワードが、今年のはじめ頃からメタサーチ系のサイトや、OTA系のサイト、旅行メディア等にながれてしまっていることがわかりました。この結果から、『〇〇(地名) 旅行』というキーワードが他社に奪われてしまっていたことが、自然検索の流入減少につながっていたという結論を導くことができます。実は、メタサーチ系のサイトは旅行関連のコンテンツを充実する等、SEOに力をいれているところが多くあり、そういった積み重ねによりシェアが奪われてしまったという事例となります。
 

さいごに

自然検索からの流入減少は、なかなか原因追求が難しく苦戦されている方も多いかと思います。今回ご紹介した、GoogleトレンドとSimilarWebを使った市場や競合の状況の把握により、少しずつその原因が明確になってくると思いますので、ぜひためしてみてください!

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事