自然検索からのアクセス数が減少!?原因の見つけ方をご紹介

自社サイトのアクセス数が減少してしまった際、みなさんはどのように原因を調べていますか?Googleアナリティクスや導入しているアクセス解析ツール等でチャネルごとに見てみてみれば、どこからの流入が減少しているのか、ということが明白にわかるかと思います。ただ、その一歩先、「なぜそのチャネルが減少したのか?」という問の解明には時間がかかってしまうことが多いのではないでしょうか。特に、今回のテーマである自然検索については、大きな手がかりとなる自然検索のキーワードがユーザープライバシー保護のため、アクセス解析ツール等では見ることができず、追求は更に困難な状況です。
 
今回はSimilarWebとGoogleトレンドを使って、
その回避策となる方法を、旅行業界を題材に3stepでご紹介します!

Step1:減少したキーワードを探る
Step2:減少したキーワードの市場ニーズを探る
Step3:減少したキーワードのマーケットシェアを探る
 

Step1:減少したキーワードを探る

まずはSimilarWebを使い、自社サイトへの流入キーワードの中で、一体何が減少してしまったのか確認しましょう。キーワードの横にある“変化”という項目では前月との対比が見ることができるので、減少が開始した月でしぼり見ていくのが良いでしょう。(サーチコンサールを導入している場合、そちらの方が詳細に見ることができます。)

ある旅行会社Aでは、『〇〇(地名) 旅行』というキーワードが全体的に減少しており、これが自然検索の流入が減少している一因であるということがわかりました。
 

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事