人を引き付け売り上げを伸ばすアニメーション動画の9つの優れた事例<後編>

人を引き付け売り上げを伸ばすアニメーション動画の9つの優れた事例<後編>です。
<前編>「https://ad-ron.jp/?p=15852」に引き続き、レンダーフォレスト社からの寄稿頂いた記事をお送りします。
 

5. コカ・コーラ:


 

「GTA風のコカ・コーラのCM」
世界最大の炭酸飲料の会社の一つであるコカ・コーラ社は、その独創的な広告で常に賞賛されています。2009年に公開した、GTAにヒントを得たアニメーション動画は、今日に至るまでのアニメーション界における最良の冒険だといえるでしょう。アクションがあり視覚的なユニークさもあって視聴者を最後まで引きつけるものでした。このコマーシャルのクオリティーの高さと素晴らしい世界観は、視聴者の興味を引き付け大成功を収めました。
 

6. ハーゲンダッツ:


 

「バレンタインデーを祝うCM」
アメリカのアイスクリームのブランドは、かつてはさほど独創的ではありませんでした。2013年の広告キャンペーンで、俳優ブラッドレークーパーが美しい女性を誘惑するのにアイスクリームを食べるのを使いましたが、更に独創的だったのは2015年の動画を使った広告キャンペーンでした。この動画は「本当の関係」を祝う広告シリーズとなりました。ハーゲンダッツは英国のスクールオブライフと共同して、カップルにバレンタインデーには互いに愛情と気配りを示すように喚起しました。
 

7. マークスアンドスペンサー:


 

「衣料品のリサイクル運動の紹介」
著名な英国の衣料品と食品の小売りチェーンも同様にアニメーション動画の恩恵を受けています。「シュウォッピング」運動の効果を説明するために独創的なアニメーション動画を制作しました。その運動とは人々が不要になった衣服を店に寄付するというものです。慈善組織であるオクスファームが、衣服を売ってリサイクルまたは再販し、支援を必要としている人々を助けるための資金をどのように集めているかを説明しています。立ち上げて以来、2,035万ドルを集めることができました。
 

8. アメリカンエクスプレス:


 

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事