人を引き付け売り上げを伸ばすアニメーション動画の9つの優れた事例<前編>

本日はレンダーフォレスト社から寄稿頂いた記事をお送りします。
 

デジタルマーケティングにおいてアニメーション動画を用いるのは最近のトレンドとなっています。優れたアニメーション動画は、伝えたい概念がどんなものであっても、視聴者に明確なシナリオを伝えてくれるでしょう。
著名な分子生物学者であるジョンメディナ氏によると、65%の人々は視覚からの方がより速く学習することが出来、脳に至る情報の90%は目に見えるものと言われています。このことからも、アニメーション動画がデジタルマーケティングで重要なメディアであることがわかります。
 

なぜアニメーション動画なのでしょう?

視聴者の意識を引こうと、毎日大量の動画が制作されています。ビジネスを成長させるには、確実に人を引き付ける動画を制作する必要があり、アニメーション動画は大変有効です。
この記事では、過去のいくつか人気のあるアニメーション動画によるキャンペーンで、大きな集客力を持ち、売り上げを生んだ事例をまとめました。これらのビデオのほとんどは、会社が自社の新製品やサービスを紹介するために制作したものです。これらからヒントを得て、マーケティングのレベルを更に高めてください。

 

1. グーグル:


 

「グーグルの住宅向け太陽光発電の導入試算サービスの紹介」
巨大テクノロジー企業グーグルは、新開発製品を紹介するのに何度も素晴らしいアニメーション動画を用いてきました。良い事例の1つが「Project Sunroof」とういう太陽発電に関するプロジェクトです。この動画は、太陽光発電がどれだけ節約になるかを推定で算出するこのプロジェクトがどのようなものか、個人や組織がこの太陽発電プロジェクトに資金を投資することに価値があるかをわかりやすく説明しています。

 

2. フェイスブック:


 

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事