SimilarWebを10倍使いこなす方法~カスタマージャーニーMAPも作成できる?!~

SimilarWebは競合分析だけのツールではありません!

SimilarWeb(シミラーウェブ)は調査したいWebサイトのURLを入力するだけで、訪問者数や流入元チャネル、検索キーワード等、サイト分析に役立つデータを見ることができます。タグなどの計測設定が必要なく、自社以外のサイトのデータを詳細に見ることができるため、競合分析にとても役立つツールです。

しかし、このSimilarWebの使い方によっては個々の競合サイトだけではなく、業界全体の傾向や、その業界のサービスを利用するユーザーの行動傾向などを細かく分析することが可能なのです。

では早速、次の章からその方法について詳しく紹介していきます。

SimilarWebで業界全体の傾向を把握しよう!

今回は『旅行業界』を題材にして分析方法を紹介していきたいと思います。

まずは業界全体の傾向や各企業の力関係を把握していきましょう。
SimilarWebでは主に以下のような視点で業界全体の傾向について分析できます。
・サイト訪問トレンド
・利用デバイス
・サイト訪問者シェア
・トラフィックチャネル
・各トラフィックチャネルの上位サイト
・上位検索ワード

ここでまず、業界全体の傾向を把握したうえで個々のサイトの詳細を分析することで、個々のサイトの業界内の特徴、強み、弱みをより明確にあぶりだすことができます。

例えば、上位検索ワードを分析することで業界のマインドシェアやユーザーニーズトレンドを探ることも可能です。
こちら、実際にやってみましょう。SimilarWebのメニューバー上にある【ウェブのカテゴリー分析】というボタンから分析が可能です。

結果、旅行に興味があるユーザーのマインドシェアを大きく占めているのは、国内・海外大手OTAのブランド名であり、続いて国内大手旅行代理店、そして日系エアラインと続く結果となりました。また期間を細かく区切って見てみると、その時期に人気の地域や流行りの観光スポット等を見つけることもできます。こういった具合にまずは、業界全体の傾向をつかんでいきます。

SimilarWebでカスタマージャーニーを作ってみよう!

次に、SimilarWebを使った簡単なカスタマージャーニーの作り方です。
旅行と一口にいっても、実は私たちは出発までいくつかの工程を踏んでいますよね。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事