【セミナーレポート】動画活用最新トレンド

こんにちは。アド論編集部です。
本日は、7月16日に開催されたアド論セミナー“動画活用最新トレンド”について振り返りです。業界のキーパーソンとしてMIL社、Google社にもご登壇頂き開催しました。

アジェンダ

Program1
TVCM広告費をWeb広告費が上回る時代の到来に向けて実施すべき動画活用施策とは

Program2
ユーザーの新しい商品体験の形「インタラクティブ動画」活用最新事例

Program3
Googleにしかできない店舗認知、来店施策

Program1:TVCM広告費をWeb広告費が上回る時代の到来に向けて実施すべき動画活用施策とは(スピーカー:GMO PlayAd株式会社 代表取締役 冨岡)

まずは広告業界の市場変化から見ていきます。媒体別広告費の移り変わりとしてインターネット広告は地上波テレビに迫っている状況です。2019年には地上波テレビを抜くのではないかとの声もあります。
中でも注目なのが、動画広告市場の成長予測と成長実績の乖離です。18年の予測値に対して実績値が35.9PT乖離しており、予測を実績が大幅に上回る伸びを見せています。

※出典:電通「日本の広告費」

多くの活用方法がある動画に対して、GMO PlayAdではコアコンピタンスの運用型クリエイティブに加え、以下3つの軸で解決策を区分しています。
・WEB CM
・店舗認知
・商品体験

多くの企業の悩みどころである評価に関しては以下4つの視点を整理しKPI設定を行います。
・いつ(ファネル)
・どこで(メディア)
・何に(商品)
・動画を使うのか(動画の必要性とそのクオリティ)

Program2:ユーザーの新しい商品体験の形「インタラクティブ動画」活用最新事例(スピーカー:タッチスポット株式会社 水嶋様)

インタラクティブ動画は、動画×Web=相互コミュニケーションクリエイティブと説明でき以下3つのポイントがあります。
・Point1 深い理解促進
・Point2 高い広告効果
・Point3 定量データ蓄積

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事