TW広告のCPCを○○%下げる裏技公開!?

2019/5/24

はじめに

TWを活用する事は昨今、デジタルマーケティングにおいてはもはや当たり前になってきております。TW広告においても同様、出稿企業・額ともに年々増加傾向にあり、KPI達成に向けた施策を担当コンサルは日々模索している状況です。

 
ターゲティングの精査や追加、新機能のいち早い活用、クリエイティブの検証から追加、少し前からは動画のフォーマットが主流になり、PDCAをより高速に回すことも1つの施策となってきております。

 
しかし、出稿企業数やアプリゲーム業界での出稿額の高まりから、広告のクリック単価自体は年々上昇傾向にあり、日々のPDCAだけで改善が追い付かないケースもあるのではないでしょうか。

 
(Twitter広告2018年間CPCトレンド)

CPC改善事例

本稿では、TW広告以外の取り組みで、見込み客の誘導数を上げて結果としてCPCを下げられた事例をご紹介いたします。

 
私が担当している広告主様も同様に、年々CPCが上昇しており、様々施策を講じても飛躍的なCPC改善に至らないケースも出てきておりました。運用型広告の宿命の1つに外的環境(出稿数や額の高まりなど)が自社の広告に影響を及ぼす事は多々あり、ゼロになる事はないという事実があります。

 
TW広告施策とは別に、その広告主様では公式アカウントのフォロワー数拡大施策としてフォロー&リツイートキャンペーンは定期的に実施しておりました。

 
※フォロー&リツイートキャンペーンとは?
公式アカウントをフォローしてもらい、指定のツイートをリツイートする事で抽選でプレゼントが当選するキャンペーン。公式アカウントのフォロー数を増やす施策として様々な企業で実施されている施策の1つ
 
このフォロー&リツイートキャンペーンの応募条件に更に指定のツイート(今回は通常お申込目的で実施してる広告と同様のツイートを固定ツイート化し指定)をリツイートした場合にプレゼント商品が高額になる条件を追加しました。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:小松 裕


営業としてリスティング広告を中心にWEB広告全般を取り扱う。運用経験を活かし、現在ではコンサルタントのマネジメント中心の業務に従事。

Contents

ico人気記事