GAのデータ分析からサイト改修を行い成果へ繋がった事例

 
2-3. ユーザー属性比較
 

 

次にそれぞれのページに来訪したユーザー属性に差異があるのか確認します。具体的には合計4つのセグメント
・インタビュー検索ページ来訪ユーザー(CV有無)
・インタビュー詳細ページ来訪ユーザー(CV有無)
を作成し、ユーザーの平均セッション時間や新規/リピーターの割合等を比較します。
上記からそれぞれのユーザーについて各指標は大きく相違しておらずユーザーの属性が似ていることが分かりました。
つまり、CVの有無でユーザー属性の違いが少ないことから、先ほど立てた詳細ページに離脱する要因がありUIに問題があるかもしれないという仮説が立証されました。
 

以上、簡単ではありますが、サイト内の分析が完了しました。これらの分析を元に行ったサイト改修が以下となります。

サイト改修内容

概要:インタビュー詳細ぺージ下部に新しく申込ページへ遷移するボタンを設置
詳細:今まで分かりにくい部分に申込ページへの遷移ボタンが存在していた為、ユーザーに次の行動を促せていませんでした。改修することでユーザーがページを見た後に何をすればいいのか明確にしました。

改修後の検証結果

改修前後で申込ページへの遷移数、遷移率が向上しました。また、CV、CVRも上昇していることから、ユーザーの質を維持したままCV増加に繋がったと言える結果となりました。

最後に

今回の分析ではGoogleアナリティクスのデータを元にCVユーザー閲覧ページ把握・深掘り・改善点の可視化、サイトを改修することで成果の向上に繋がりました。
しかし、サービスによってはCVの種類が複数あったり、CV完了までいくつものページを経由する必要があったり、より細かな分析が必要になると思います。
本記事の内容は参考程度にご確認頂き、Googleアナリティクスを見る際の一つの分析手法としてご理解頂けましたら幸いです。
 

弊社ではクライアント様から「Googleアナリティクスを導入しているが、サイト改修に活かせていない」・「具体的にGoogleアナリティクスでどのような分析を行えばいいのか分からない」等のお声、ご相談を多く頂いております。サイト解析について気になる部分、ご不明点等ありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事