GAのデータ分析からサイト改修を行い成果へ繋がった事例

2019/5/15

はじめに

「CVを増やすためにサイト改修をしたいけど、どこを改善すべきか分からない。」そんな悩みをお持ちではないですか?
本記事では弊社内でGoogleアナリティクスのデータ分析からサイト改修を行い、成果を上げた事例を分析方法と合わせてご紹介します。
※後述する各種データは仮の数値となっており実数値とは異なります。
 

まず、今回分析したクライアント様の概要は以下の通りです。

 
—–
業種:IT・通信
CV地点:資料DL・資料請求・説明会予約等
主なアクセス解析ツール:Googleアナリティクス
—–

分析プロセス

1.CVユーザー閲覧ページ把握
2.CVユーザー閲覧ページ深掘り
2-1.ユーザーボリューム把握
2-2.改善ポイント可視化
2-3.ユーザー属性比較

 
1. CVユーザー閲覧ページ把握

※CV=そのページを経由してCVしたユーザー
※CVR=CV÷訪問数

 
サイトトップメニューやサイドメニュー等、ユーザーが主に閲覧しているページを抜粋し、上記のようにデータをまとめます。これによりCVしたユーザーがどのページをよく見ているのか把握可能です。
今回はインタビューページを閲覧したユーザーのCVRがすべてのユーザーと比較して高かったので、このページを深掘りして改善することでCVの増加が見込まれます。

 
2. CVユーザー閲覧ページ深掘り
2-1. ユーザーボリューム把握
 

 

直近であまり見られていないページを改善しても大きくCV増加には繋がりにくいので、まずはユーザーボリュームを把握します。
上記の通り、インタビューページは年間を通じて訪問者が増えていることから、改修を行うことでCV増加が見込めるページと言えます。

 
2-2. 改善ポイント可視化
 

 

次に今まで調べてきたページから1段下層ページ(例:検索・一覧・詳細ページ等)について訪問者とCVを確認します。
上記の通り、インタビュー関連ページの中で特に詳細ページについて訪問数が多いにも関わらずCVが少なくCVRが悪い状況で、「詳細ページまで閲覧した=CVする可能性の高いユーザー」を取りこぼしていることが分かりました。
ここまでの情報を元に、詳細ページから離脱する要因があってUIを改善することでCVが増加する可能性が大きい、という仮説が立ちました。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:吉沢 航一


アパレルEC企業を経て2018年にGMO NIKKO株式会社へ入社。現在、主にGoogle Analyticsを用いたサイト分析に従事。クライアントへ最高のおもてなしが出来るように日々励んでおります。

Contents

ico人気記事