無料なのに意外と使える!マーケデータ収集術 その2

2019/6/4

無料なのに意外と使える!マーケデータ収集術その2、今回は「実践編」として、前回(その1「https://ad-ron.jp/?p=14846」)でご紹介した無料の2次データを使って、主にestatを活用したPEST分析、3C分析を行ってみます。

 

PEST分析をやってみよう

PEST分析とは、政治(P=political)、経済(E=economic)、社会(S=social※)、技術(T=technological)と4つの切り口で情報を分類するフレームワークで、業界全体をマクロの視点で俯瞰的に把握することができます。
今回はモバイルWifi業界を例に、実際にPEST分析をやってみましょう。

 
まず、estatを活用したデータ収集のやり方をご紹介します。
estatの「分野から探す」というメニューから、探したい分野の情報を選択します。
経済(E=economic)に関する情報であれば、企業・家計・経済の中から選びます。
今回は「家計調査」の中から必要な情報を取り出します。
「家計調査」の中のデータベースまで開くと、以下の画面が表示されます。
 


 
この画面の「表示項目選択」をクリックすると画面に表示するデータを変更することができます。

 
例えば品目分類は、どういった分野の消費額を表示するかを変更するメニューで以下の画面のように表示項目の検索、選択が出来ます。
今回は通信に対する支出が知りたいので、検索窓に通信と入れて、移動電話通信を選択しました。

 

 
そうすると、こういったデータが抽出されます。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:古谷 達郎


同志社大学 文学部卒業
マーケティングリサーチ会社を経て、2018年にNIKKOに入社
Web広告効果の分析、市場分析等の各種リサーチを担当

Contents

ico人気記事