IDFAについて、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語

IDFAと並んで使われる言葉として、AAIDがあります。
AAIDとは Google Advertising ID の略称であり、Android端末の広告識別子です。
それぞれ機能は基本的には変わりませんが、iOSとAndroid、端末によって識別子が異なるため、取扱いには注意しましょう!

 

IDFAの活用方法

IDFA(AAID)の活用方法は大きく2つ挙げられます。
 
①リエンゲージメント広告
端末のトラッキング機能を活用し、アプリの休眠ユーザー(ダウンロードしたがしばらく起動していないユーザー)に利用を促す広告です。
これにより、アプリのUU数の向上が見込めます。
 
②拡張オーディエンス
IDFA(AAID)を媒体にアップロードした上で拡張し、セグメントやオーディエンスにする手法です。
LINE Ads PlatformやFacebookはじめ、多くの媒体で活用することができます。
アプリをもっている(ユーザーデータをもっている)企業であれば実施することができ、媒体のターゲティング項目に閉じないより深い情報を元にしたターゲティングを実装することができます。
 
どちらもアプリのウェブマーケティングには必須な施策となります。
未実施の方はぜひチャレンジしてみてください!

 

まとめ

いかがでしたか?
アプリがなければできないターゲティングのため主要な手法ではありませんが、
ターゲットまたはターゲットに親しいユーザーに対してリーチできる機能のため、
アプリをもつ企業にとってはCTR・CVRの大幅改善が見込まれます。
IDFA/AAIDを運用改善にぜひ役立ててみてくださいね。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事