CVRについて、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語

CVR(Conversion Rate)とは、コンバージョン率や顧客転換率などとも呼ばれ、Webサイトにアクセスしたユーザーのどれくらいが購入や申し込みなどの成果につながっているかの割合を表す指標です。今回は、Webマーケティングでとても重要な指標となるCVRについて詳しく解説していきます。

 

CVRとは

CVR(Conversion Rate)とは、コンバージョン率や顧客転換率などとも呼ばれ、コンバージョンに至った割合を表しています。そもそも、マーケティング用語としてのコンバージョンとは、Webサイトにアクセスしたユーザーが商品を購入したり、申し込みを行ったり、最終的な成果につながっている行動のことです。例えば、オンラインショッピングのサイトであれば商品購入、旅行・宿泊サイトであれば予約、不動産関連のサイトであれば資料請求やお問い合わせなどをコンバージョンに設定します。また、Web広告の目的とする行動もコンバージョンと呼ばれています。
CVRはWebサイトにアクセスした人の中で、どのくらいの人がコンバージョンに至ったかを表しています。これは、次の式で求めることが可能です。
CVR=コンバージョン数(コンバージョンに至った人数)/サイト全体のセッション数(サイトの訪問者数など)
CVRの計算をするときは、Webサイトの目的ごとに適切な指標の値を選択しましょう。

 

CVRの必要性

それでは、CVRを算出することでなにがわかるのでしょうか?
例えば、全体の訪問数が1000件のECサイトがあったとします。
そのうち商品Aのページと商品Bのページでセッション数はそれぞれ500件で等しく、コンバージョン数は商品Aが50件、商品Bが10件だと仮定するとき、
商品ページのCVRをそれぞれ計算してみましょう。
商品AのページのCVR=50÷500 CVR=10%
商品BのページのCVR=10÷500 CVR=2%
ページごとのセッション数が同じなので、コンバージョン数の多い商品Bのページの方がCVRが高くなることは当たり前ですね。
この結果をもとに、コンバージョン数を効率よく増やす方法を考えてみると、商品Aのページではセッション数を増やす施策を、商品BのページではCVRを改善する施策を行うことで効率よくコンバージョン数を伸ばすことができるのではないでしょうか。
商品Aのページでは、流入数を増やすことで獲得の増加が期待できます。しかし、商品Bのページでは流入数を増やしたとしてもCVRが低いためコンバージョン数を効率的に伸ばすことが難しくなってしまいます。
このように、コンバージョン数を最大化するためにはCVRの改善が必要不可欠と言えるでしょう。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事