【アド論ピックアップ】特別編 -新元号発表に伴う企業の動き-

編集部として気になった情報をまとめているアド論ピックアップですが、
今週は特別編ということで新元号発表と合わせたマーケティング活用の情報を集めてみようと思います。

 
発表後すぐラベル制作 新元号コカ・コーラ2000本サンプリング

出典:https://www.advertimes.com/20190401/article288896/

 

日本コカ・コーラは4月1日、新元号「令和」の発表に伴い、同元号を印字した「コカ・コーラ」を2000本配布するイベントを実施した。
会場はJR新橋駅西口側の「ファロシティビル」1階のスペース。予定では1日午前11時30分の発表からすぐラベルデザインの作成にとりかかり、東京都内で印刷。バイク便で会場の新橋まで運び、現場でラベルを巻く、というオペレーションを設定した。新聞と同様のスピードでの配布し、話題化を図る狙い。
しかし、新橋駅付近は新聞各社の号外配布などで多くの人でごった返し、発表の遅れなどもあって、配り始めたのは午後1時ごろ。約40分ほどで配布を終えた。

 
メルカリ、新元号プリントTシャツを渋谷で配布 発表後2時間強でスピード製作

出典: https://www.advertimes.com/20190401/article288899/

 

メルカリは4月1日、新元号「令和」の発表に伴い、同元号をプリントしたTシャツを東京・渋谷で配布した。発表前からスタンバイし、その場で製版している。配布数は約500枚で6回に分けた。「令和」は書道家の涼風花さんが執筆した。
会場は商業施設「渋谷ストリーム」前の稲荷橋広場で、設置したビニールテント内で印刷、乾燥、梱包を実施。製版にかかる時間は約45分という。

 
新元号バーム ねんりん家

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事