インプレッションシェアについて、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語

インプレッション シェア(IS)は、広告が表示可能だった合計回数のうち、広告が実際に表示された回数が占める割合です。
インプレッションシェアが100%ということが必ず良いとは限らず、あくまでも適切なターゲットに対しての最適に配信がされているかという一指標として考えていただきたく今回ご紹介いたします。

 

インプレッションシェアとは

インプレッション シェア(IS)は、広告が表示可能だった合計回数のうち、広告が実際に表示された回数が占める割合です。
(式)
インプレッション シェア = 表示回数 / 広告が表示可能だった合計回数

 
インプレッションシェアが100%ということが必ず良いとは限らず、あくまでも適切なターゲットに対しての最適に配信がされているかという一指標として考えていただきたく今回ご紹介いたします。

 

インプレッションシェアの種類

インプレッションシェアの種類としては大きく以下3つがあります。

 
・インプレッションシェア損失率(広告ランク)
インプレッションシェア損失率(広告ランク)とは、広告ランクが競合より劣っている為に、広告が表示されなかった割合のことになります。
※Yahoo!では、インプレッションシェア損失率(掲載順位)になります。
自社の広告ランクが下がる・競合の広告ランクが上がる等して、広告が表示されなくなった割合を、インプレッションシェア損失率(広告ランク)と言います。

 
・インプレッションシェア損失率(予算)
インプレッションシェア損失率(予算)とは、広告費が足りず、広告が表示されなくなった割合のことになります。
例えば、1クリック200円の広告を2,000回表示させる為には、200,000円の広告費が必要ですが、100,000円の広告費しかなかった場合は、表示出来ない場合があります。
※便宜上1表示=1クリックにしています。
このように、広告費が足りず、広告が表示されなかった割合をインプレッションシェア損失率(予算)と言います。

 
・完全一致のインプレッションシェア
完全一致のインプレッション シェアは、キーワードと完全に一致する検索語句で広告が実際に表示された回数を、完全一致で表示される可能性があった回数(推定値)で割った割合です。
自分が意図しているワードが配信されているかを確認する際に利用する指標になります。

 

インプレッションシェアの確認と注意点

・インプレッションシェア損失率(予算)の改善
成果の良いキャンペーンセグメントのインプレッションシェアが低い場合は、多くの機会を損失している状況になります。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事