【アド論ピックアップ】2019/2/18~2019/2/24

 

オプト、消費者のインサイト解析ツール「Basis」を開発~ 消費者のインサイトを紐解くシングルソースデータベース ~
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000548.000014848.html

 

 

今回開発した「Basis」は、消費者の購買情報や生活に関する価値観、メディアの接触状況をシングルソース(同一人物の多面的な情報を収集すること)でデータベース化したものです。例えば、特定の商品を買ったユーザーが、どのような価値観を持ち、どのようなメディアを来訪するかを可視化することができるため、よりユーザー心理に基づいたコミュニケーション設計が可能になります。また「Basis」では、自社商品の利用者だけではなく、自社商品を使用していないユーザーや、競合商品利用者と比較してのデータ解析(※1)もできるため、より精度の高いペルソナ設定やメッセージ立案、メディアプランニングが可能になります。

 

ジオロジックと位置情報を活用した 高精度な広告配信プラットフォーム 「Location Finder*」を共同開発
出典:https://www.atpress.ne.jp/news/177537

 

 

Location Finderとは、東急エージェンシーの保有するエリアマーケティングのノウハウとジオロジック社の持つ各種データ・高度な技術を組み合わせた広告配信プラットフォームです。
ジオロジック社の保有する位置情報データを基に、属性データ・興味関心データなどの外部データを掛け合わせて自店舗商圏内を分析。その結果を基にした広告キャンペーンの作成、広告配信までワンストップで行うことができるプラットフォームを提供します。

 
■対談・事例・その他
 

クチコミ接触者の購買転換率調査を実施
〜ソーシャルメディアの種類によって、購買に影響を与えている業種が大きく異なることを可視化~

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000037149.html

 

 

そこでこのたびAMNでは、日本で多数の利用者に使われていると思われる7つのソーシャルメディアを中心に、ソーシャルメディアへの投稿がその友人やフォロワーの購買や来店にどれぐらい影響している可能性があるか、調査を実施いたしました。

 

ニールセン デジタル広告視聴率の計測実績データをもとにした “ベンチマークレポート”を発表
出典:https://www.nielsen.com/jp/ja/insights/newswire-j/press-release-chart/nielsen-pressrelease-20190219-nielsen-digital-ad-ratings-benchmarks-report.html

 

 
デジタル広告キャンペーンで配信した総インプレッションのうち、何%が意図していた性年代にリーチしていたのかを表す”オンターゲット率”に関する分析結果をまとめた「ニールセン デジタル広告視聴率 ベンチマークレポート」発表しました。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事