インプレッション課金型広告について、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語

インプレッション課金型広告とは、広告の表示回数で課金される広告のことです。
単価の指標はCPM(Cost Per Mille)で、1,000回表示あたりのコストで課金されます。
以前はアドエクスチェンジやDSPでよく利用されていましたが、最近はソーシャル媒体やインフィード媒体でもよく活用されています。

インプレッション課金型広告とは

 

インプレッション課金型広告とは、広告の表示回数で課金される広告のことです。
単価の指標はCPM(Cost Per Mille)で、1,000回表示あたりのコストで課金されます。
以前はアドエクスチェンジやDSPでよく利用されていましたが、最近はソーシャル媒体やインフィード媒体でもよく活用されています。
今日はインプレッション課金型広告について理解し、適した課金タイプが選択できるよう勉強していきましょう!

インプレッション課金型広告のメリットとデメリット

 

インプレッション課金型広告は表示回数を買い付けるため、とにかく表示回数やリーチを伸ばしたい場合に最適の配信ロジックです。
また、CTRが高ければ高いほど、クリック課金型広告よりもクリック単価が安価になるというメリットがあります。
逆にCTRが低い場合、表示されるだけでお金がかかってしまうため、コストパフォーマンスは低くなる可能性があります。

eCPMとは

 

eCPMとは、”effectibe Cost Per Mille”の略で、ある広告が事実上1,000回表示されたら発生する広告費の予想収益額です。
eCPMの計算式は、広告費/広告が表示された回数(表示回数)×1,000ですので、おおよそCPMとイコールと捉えて問題ありません。
広告が1,000回表示された際の想定値として確認し、クリック型課金広告と効果を比較する際の指標として活用してみましょう。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事