インストリーム広告について、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語

インストリーム広告とは、動画サイトなどにある動画再生画面に流れる広告フォーマットを指します。バナー広告よりも大画面で表示されるケースが多く、映像や音、文字をフル活用して訴求内容を効果的にターゲットに伝えることができます。

インストリーム広告とは

 

インストリーム広告とは、Youtubeなどの動画サイトなどにある動画再生画面に流れる広告フォーマットを指します。
バナー広告よりも大画面で表示されるケースが多く、映像や音、文字をフル活用して訴求内容を効果的にターゲットに伝えることができます。
最近ではブランディング目的や、TVCMとの連動施策に使われることが多いです。
今日はそんなインストリーム広告の詳細について学んでいきましょう。

インストリーム広告の種類

 

インストリーム広告には複数の種類があります。
まず、動画サイトなどで広告が配信されるタイミングにより、フォーマットが3つに分かれています。
 
①プレロール広告:ユーザーが視聴したい動画が再生される前に配信
②ミッドロール広告:ユーザーが視聴している動画の途中に配信
③ポストロール広告:ユーザーが視聴した動画が終了した後に配信
 
またそれぞれ、動画広告表示後にユーザーが視聴の継続有無を選択できるスキッパブル広告(=スキップができる広告)と、最後まで必ず視聴させるノンスキッパブル広告(=スキップができない広告)に分かれています。
それぞれ尺は15秒程度ですが、最近では1分程度の動画広告も増えてきており、主にブランディング目的で活用されています。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事