2019年 年始のご挨拶

2019/1/4

皆様、新年あけましておめでとうございます。
いつもアド論に目を通して頂き誠にありがとうございます。
2018年は広告業界の勢力図の変化で驚くことが多かった1年でした。
 
2019年のはじめということで、今年の大事な視点をまとめてみました。
・5Gの準備
・動画のさらなる普及
・広告業界勢力図の変化
・勢力図の複雑化に伴う新たな役割の台頭(コーディネートできる人)
・ネットとマスの重み変化とマスメディアの価値の再確認機会増加
・マーケティングにおける人と機械の役割分担の明確化
 
これら以外にも想像がつかない変化が待っていることだと思います。このような変化に富む業界にワクワクしながら、我々アド論チームも皆様にお力添えができるよう発信してゆきます。
「アド論byGMO」は8年目を迎えました。本年も何卒よろしくお願い致します。
 
2019年1月4日 アド論編集長 冨岡 信之

ご相談はこちら
photo

ライター:冨岡 信之


GMO NIKKO株式会社デジタルマーケティング本部 本部長。アド論編集長。2006年大学卒業後、新卒で日広(現GMO NIKKO株式会社)に入社。入社から広告営業一本でリスティング広告やバナー広告、またキャンペーン、リアルメディア等をクライアントに提供することおよそ10年。
2010年にAdvertising Innovationを掲げ、『広告貢献度の可視化』をクライアントへの付加価値とし、企業の広告領域の価値を高めることに心血を注いできた。
現在は、同社でデジタルマーケティング本部長を務めている。デジタルマーケティング本部では、コンサルタントの育成、業務の合理化、マーケティングソリューションや商品設計等に携わっている。

Contents

ico人気記事