すぐ使えるアクセス解析テク!KPIサイトマップ

2018/12/18

「Googleアナリティクスを活用しているがサイトの現状が分からない」、「サイトの改善点を浮き彫りにしたい」と思うことはありませんか?
 
誰でも無料でサイトに導入できるGoogleアナリティクスだからこそ、”とりあえずサイトに導入し、その後放置してしまう”そんな方が多いのではないでしょうか。
この記事では、そんな時に打ってつけのものとして弊社内で”KPIサイトマップ”と呼んでいるものをご紹介致します。

KPIサイトマップとは

 

サイト内の主要な導線(入口~コンバージョン地点)について訪問数や離脱率・次ページへの遷移率など、各指標をまとめた地図のようなものです。
 

 

これを作成することにより、サイト全体の状況が俯瞰できるだけでなく、
・分析する項目の優先順位付け
・実際のサイトUIと照らし合わせて「このページの離脱率が高いのは次ページへのボタンの配置の悪さが原因ではないだろうか」といった仮説立て
などに利用することが可能になります。

KPIサイトマップの作成方法

具体的な作成方法は、Googleアナリティクスの機能の中でセグメント機能のシーケンスを使い、データを抽出します。あとはこの作業を該当のページを変更しつつ繰り返し行うだけで作成可能です。

セグメントとは

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:吉沢 航一


アパレルEC企業を経て2018年にGMO NIKKO株式会社へ入社。現在、主にGoogle Analyticsを用いたサイト分析に従事。クライアントへ最高のおもてなしが出来るように日々励んでおります。

Contents

ico人気記事