GAでアクセス解析!広告で獲得したユーザはファンになってくれている?

2018/12/6

初回訪問時の行動に違いはあったのか?

まずは、それぞれのユーザの概要を見ていきましょう。
下の表は、初回訪問時のサマリーです。


2回目ブランドワード流入のユーザほうが見ているページが多く、セッション時間も長くなっており、サイトをじっくり見てくれたことがわかります。
 
では、見られたコンテンツに違いはあるでしょうか?下の表を見てください。

2回目ブランドワード流入のユーザのほうがTOPページの滞在時間が短くなっています。
逆に、機能紹介ページでは、滞在時間が長く、PVの割合も非ブランドと比較して高くなっています。
2回目にブランドワードで流入したユーザは、初回訪問時にすでに目的があり、TOPページの滞在時間は短く、目的としていた機能紹介をじっくり読んで検討しているという行動が想定されます。
2回目に非ブランドワードで流入したユーザはTOPページや特集ページを見ており、機能紹介や導入事例などのプロダクト詳細ページまではあまり見てないことがわかりました。

まとめ

今回の分析で、広告で獲得したユーザのうち、ファンになってくれる人とそうでない人の初回訪問の行動に差があるということが見えてきました。
 
このように分析を行うことで様々な施策につなげることが可能です。
Ex1)一般ワードの貢献度を可視化することでCV数やCPA以外の投資判断基準を設ける。
Ex2)ユーザの行動を分析しCVに重要なページを可視化し導線改善をする。
Ex3)ユーザが内容の理解にかかる時間を分析し、コンテンツ改善をする。
 
GMO NIKKOは、今回使用した分析手法以外にも、サイト訪問者の特性やインサイトを明らかにする様々な手法・サービスを提供しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:田村 優衣


GMO NIKKO株式会社 デジタルマーケティング本部 ストラテジック部 データアナリティクスグループ所属。
2017年入社。
Googleアナリティクスを用いたアクセス解析や、事業データ分析による施策立案・提案業務に従事。

Contents

ico人気記事