アクティブビューについて、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語

アクティブビューとは、実際にユーザーが閲覧できる状態にあった広告インプレッションのことです。
アクティブビューを理解する事でクリエイティブの検証精度があげられる可能性があります。是非勉強してみてください。

アクティブビューとは

アクティブビューとは、実際にユーザーが閲覧できる状態にあった広告インプレッションのことです。
意味的にはビューアブルインプレッションと全く同じですが、若干用途が異なります。ビューアブルインプレッションは、“(ビューアブルな)インプレッションの量”を語る時に多く使われますが、アクティブビューは、“(ビューアブルな)1つ1つの広告インプレッション(アクティブビュー)”を語る時に多く用いられる表現です。
 
以下Google広告の公式な内容になります。
アクティブ ビューは広告が視認可能かどうかを判断する技術で、YouTube や一部のディスプレイ ネットワークのウェブサイトとモバイルアプリに実装されています。
 
ディスプレイ広告は、面積の 50% 以上が画面に 1 秒以上表示されると視認可能と見なされます。動画広告の場合は、面積の 50% 以上が画面に表示され、2 秒以上再生されると視認可能と見なされます。
 
注: 242,500 ピクセル以上の大きなサイズのディスプレイ広告の場合は、面積の 30% 以上が画面に 1 秒以上表示されると視認可能と見なされます。
 
アクティブ ビューが有効なウェブサイトでは、ディスプレイ キャンペーンでの視認範囲のインプレッション単価を利用したり、視認可能な位置に表示された広告のインプレッションに対する入札単価を変えたりすることができます。
動画やディスプレイ ネットワークのレポートでは、[測定可能な費用]、[測定可能なインプレッション]、[視認可能率] といった列名にアクティブ ビューと記載されている場合があります。
アクティブ ビューの指標は、オンライン広告の視認性を測定するための業界標準に準拠しています。
 
注: アクティブ ビューは広告が視認可能かどうかを示す技術であり、その時点でユーザーが画面を見ていることを保証するものではありません。
 
参照URL
https://support.google.com/google-ads/answer/6085471?hl=ja

アクティブビューのポイント

広告がユーザーに視認されるかどうかは、掲載面と入札単価、広告のタイプやバナーサイズなど、広告掲載の目的や各アカウントの環境など様々な要素が関わっています。
一概にどれぐらいの視認されていないインプレッションが存在するか、を傾向値として測るのは難しいですが、Googleが自社のディスプレイ広告プラットフォームを対象にした調査を2014年に発表しており、視認されていないインプレッションは全体の約56%に及ぶと公表しました。
他、調査結果として
 
・少数のパブリッシャーが視認されていないインプレッションの多くを配信している。視認できなかったと計測されたインプレッションは56.1%、一方パブリッシャーの平均ビューアビリティは50.2%とされている。
・最も視認性の高い位置はファーストビューの右側であり、ページのトップではない。
・最も視認性の高い広告サイズは縦長の広告ユニットである。
・ページ内の広告の位置は視認性の最適な指標とは限らない。ファーストビューのインプレッションのすべてが視認されるわけでなく、ファーストビュー以下でも多くのインプレッションが視認される。
・視認されやすさはコンテンツのカテゴリ、業界ごとに異なり、ユーザーの興味を引くコンテンツは最も視認されやすい。
 
上記の5つのポイントについても詳細にレポートされているので横断的な参考値として確認しておきましょう。
 
参照URL
https://support.google.com/google-ads/answer/7029393

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事