リッチアドについて、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語

リッチアドとは、映像や音声を使用した動画広告や、ユーザーが操作することで変化する広告のことを指します。通常のバナー広告よりもインタラクティブな表現が可能なリッチアドについて紹介します。

リッチアドとは

リッチアドとは、映像や音声を使用した動画広告や、ユーザーが操作することで変化する広告のことを指します。
リッチアドというとまず最初に動画を想像するかと思いますが、言葉の定義としては動画だけでなく、ユーザのマウスの動きに合わせてバナーの中が変化する広告もリッチアドに含まれています。セールまでのカウントダウンがリアルタイムで動くもの、バナーの中でクイズに回答できるもの、スワイプすることでいくつもの場面を見せることができるものなど、その表現は様々です。
 
今まで広告というと静止画のバナー広告が一般的でしたが、最近ではリッチアドの配信枠はかなり拡大しており、目にする機会も増えています。
以前はネットの通信速度の関係からデータ容量の小さい静止画のバナー広告の配信がほとんどを占めていましたが、高速インターネットが普及したことで、データ容量の大きい動画や音声入りの広告についても配信の割合が広がってきています。

リッチアドの配信における課題と効果

リッチアドはDSPや3PASを使用して配信されることがほとんどです。
配信面が増えたとはいえ、ファイルサイズが大きいため、配信コストは静止画バナーよりも高くなるという点には注意が必要です。
また、表現手法が複雑なことから、クリエイティブの制作にも時間を要します。
その一方でリッチアドを使用した広告は通常の静止画広告よりもCTRが高く、ブランディング目的の広告配信には絶大な効果があります。
また、情報サイトなどの等広告枠を持つウェブメディアでも、リッチアドの広告枠を効果的に使用する場合があります。
リッチアドは通常のバナー広告の配信よりも広告感がなく目移りしにくく、その広告への注目を集めることができます。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事