ビューアビリティについて、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語

ビューアビリティとは、広告が掲載されたうち実際にユーザーが視認可能であったインプレッションの比率を指します。
従来の広告インプレッションは、広告コンテンツがロードされたタイミングで発生します。このような広告価値の毀損を防ぐためにも、実際に見られていたかを把握するビューアビリティは非常に重要な指標となります。

ビューアビリティとは

ビューアビリティとは、広告が掲載された回数のうち実際にユーザーが視認可能であったインプレッションの比率を指します。
従来の広告インプレッションは、広告コンテンツがロードされたタイミングで発生します。
そのため広告主は広告が実際にユーザーの目に触れなかった場合でも、コストを支払わなければなりません。
このような広告価値の毀損を防ぐためにも、実際に見られていたかを把握するビューアビリティは非常に重要な指標となります。
今日はビューアビリティの基本について勉強していきましょう!

ビューアビリティはなぜ重要なのか

配信された広告のうち、実際に視認可能であったどうかは、昨今のネット広告における効果の透明性として大きな課題となっています。
例えばあるサイトの下部の広告枠に広告を出稿していた場合、実際に下までスクロールされずターゲットが広告を閲覧しなくても、広告のインプレッションは1となります。
サイトがロードされたで1とカウントされるため、表示されたことになってしまうのです。
そうすると、広告主がせっかくコストをかけて広告を出稿しても有効活用できない事態になりかねません。

ビューアビリティの確認方法

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事