ブランドリフトについて、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語

ブランドリフトとは、ブランディング広告に接触したユーザーと接触していないユーザーを比較し、接触したユーザーのブランドの認知や購買意欲が向上しているかどうかを測る指標のひとつです。
ブランディング広告は数字で可視化しにくい目的で出稿されることが多いため、効果測定がしにくいですが、その効果を測定するのがブランドリフト調査です。
ブランドリフト調査を行うことで、ブランディング広告の効果を可視化させ、PDCAに活かすことができます。

ブランドリフトとは

ブランドリフトとは、ブランディング広告に接触したユーザーと接触していないユーザーを比較し、接触したユーザーのブランドの認知や購買意欲が向上しているかどうかを測る指標のことです。
ブランディング広告は認知目的で行われる施策の1つであり、数字で可視化しにくい目的で出稿されることが多いため効果測定がしにくいですが、その効果を測定するのがブランドリフト調査です。
ブランドリフト調査を行うことで、ブランディング広告の効果を可視化させ、PDCAに活かすことができます。
本日はブランドリフトの重要性、そして調査方法についてご紹介致します。

ブランドリフトの重要性

購入などの獲得指標をKPIとしないブランディング広告は、効果が見えにくい広告の1つです。
とはいえ、企業に対するイメージを変える、認知度を上げるための施策として、非常に大切な役割を果たします。
このブランディング広告の効果を可視化させるのが、ブランドリフトです。
広告実施後にアンケートを実施し、ユーザーが広告の影響を受けたかどうかを調査することができます。
ブランドリフト調査を行わなければ、広告の良し悪しがわからないために、PDCAをまわすことができなくなってしまいます。
ここからは、ブランドリフト調査の方法についてご紹介します。

ブランドリフト調査の方法

ブランドリフト調査は、リサーチ会社による測定とネット広告による測定の2つに分けられます。
まずリサーチ会社による測定では、ユーザーに様々な形でアンケートが行われます。
メリットは、細かなアンケートを実施できることからフィードバックレポートが細かく、高いクオリティの調査が期待できます。
一方デメリットは、依頼~フィードバックまでに一定の時間がかかるため、リアルタイムで調査結果をブランディング施策に活かすことができません。

 

次にネット広告による測定では、インバナーサーベイやリードバナーアンケートなどを活用し、広告上でアンケートを実施します。
インバナーサーベイは、広告上に選択肢が表示されるため回答が容易であり、高い回答率を見込めます。また、リードバナーアンケートはアンケートページに誘導させる形式であることから、インバナーサーベイよりも細かなアンケートをとることができます。
どちらもメリットとしては、リアルタイムに結果が集計され、管理画面に反映されることから、ブランディング広告とブランドリフト調査を並走させることができます。

デメリットは調査方法が限られることと、フォーマットによっては設問数が少なくなることが挙げられます。
現状のニーズを加味し、適した方法を選びましょう。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事