リンクポピュラリティについて、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語

リンクポピュラリティの要素

リンクポピュラリティの考え方において計測の要素となるのは外部リンクの「質」と「量」です。
この2つについて詳しく説明します。
まず、外部リンクの量についてです。
そもそも「外部リンク」とは、外部のWebからの自分のWebページへのリンクのことを指します。
外部リンクの量とは、純粋にリンクがどれだけの数貼られているかという指標を意味します。
次に、外部リンクの質についてです。外部リンクを貼ってくれたサイトがA(人気サイト)とB(評価のあまりないサイト)の2つ合った場合に、外部リンクの質はAの方が高くなります。
 
リンクポピュラリティにはこの2つが関わってくるため、被リンク数が多くてもそのリンクの質によっては他のサイトより上位に掲載ができない場合もあります。

リンクポピュラリティとSEOの注意点

リンクポピュラリティは前述の通り、検索結果に大きく関わる考え方であり、結果的に会社の利益にも大きく関わる可能性のあるものです。そのため各サイトではリンクポピュラリティを上げるためのSEO対策を行っている場合も多くあります。
しかし、やみくもに外部リンクの数を増やすためだけにリンク集への登録を行ったり、SEO目的のリンクネットワークを作ったり、有料のリンクを設置するなどの対策を行うと、不自然とみなされペナルティとなり、逆に順位が下がる可能性もあります。
 
また、Googleによると、リンクポピュラリティの考え方を用いたPageRankはユーザーの検索キーワードによって影響されるものではなく、あくまでそのページ単位の指標であり、実際の検索結果にはユーザーが検索したキーワードも検索結果上の掲載順位に大きく関わってくると言われています。
そのため現在では特定の検索キーワードに対する順位を引き上げるSEO対策を行う会社も多くなっています。
しかし、リンクポピュラリティという考え方が引き続き重要であることに変わりはありません。
 
あくまで自然な形で外部リンクの集まるようなサイト設計の構築やコンテンツの充実を図ることが大切です。

まとめ

リンクポピュラリティについて理解できたでしょうか。
特にSEOの場面で聞くことが多い言葉ですが、検索結果のアルゴリズムを理解することで、ウェブサイト全体の課題や提案を見つけることも重要です。
自分自身が何か検索する際にも、その順位を少し気にしてみると面白いかもしれません。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事