ニッチキーワードについて、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語

ニッチキーワードの“ニッチ”とは「隙間」のことです。つまり、競合が少なく他のアフィリエイターがあまり狙っていない、キーワード市場の隙間のことを指しています。ニッチキーワードを理解する事でビッグワード中心の配信から脱却に繋がります。ぜひ考えてみてください!

ニッチキーワードとは

ニッチキーワードの“ニッチ”とは「隙間」のことです。つまり、競合が少なく他のアフィリエイターがあまり狙っていない、キーワード市場の隙間のことを指しています。
 

「置き換えダイエット 野菜ジュース 朝食」「NISA 税金免除 はじめ方」という様に、上位表示を狙っているライバルが少なく、とりわけ人気ではないキーワードのことをニッチキーワードと表現しています。

ビックワードとニッチワードのメリット・デメリット

ニッチキーワードの対極にあるのがビッグワードになります。
上位表示が難しくライバルが多い人気のキーワードの事をビッグキーワードと呼びます。
 

具体的にどのようなキーワードがビッグキーワードと呼ばれているのかというと、「FX」「クレジットカード」「レーシック」「ダイエット」等が挙げられます。
 

ビッグキーワードは上位表示できればアクセスが数多く集まるため、流入数やブランド認知の効果を得やすいというメリットがありますが、そのキーワードで出稿する競合が多く入札単価が高いため、競合サービスと比較された際に競り負けてしまうと効率を悪化させる可能性があるというデメリットがあります。
 

ニッチキーワードはビッグキーワードに比べるとライバルが少ないため、上位表示しやすいというメリットがあります。
しかし、ニッチキーワードの場合は、ビッグキーワードに比べると検索する人が少なく、アクセス数を集めにくいというデメリットもあります。
 

ビッグキーワードにも、ニッチキーワードにも、それぞれメリットデメリットはありますが、(特に予算も少なく広告配信を行う最初の段階では)ニッチキーワードを狙う事をお勧めします。
 

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事