アトリビューションモデルについて、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語

アトリビューションモデルは、どのマーケティングチャネルがコンバージョンに貢献しているか判断するために作られてルールです。このルールを知ることで適切な配信を理解し、KPIの最大化につなげることができます。

アトリビューションモデルとは

アトリビューションモデルとは、どのマーケティングチャネルがコンバージョンに貢献しているかを判断するために作られたルールになります。
 
一般的なアトリビューションモデルには、終点モデル・起点モデル・線形モデル・減衰モデル・接点ベースモデルの5つがあります。多くのお客様が刈取を注視しているため終点モデルを軸にアトリビューションを考えていますが、他もモデルも重要なことを今回は説明します。

5つのアトリビューションモデル

1.終点モデル
「終点モデル」は、ユーザーが商品やサービスを購入する前、最後に見た広告にのみ、価値を持たせる考え方です。

顕在的なユーザーが最後にどのチャネルから流入し購入に結び付いたかを検証する場合に有効な方法です。

潜在的な商品をよく知らない潜在顧客層に対して、長期的にそれらのメリットを訴求する場合は、それぞれの広告価値を見出すことができませんので、このモデルは向きません。
 

2.起点モデル
「起点モデル」とは、ユーザーが商品やサービスを購入する際、初めに閲覧した広告に対して、すべての価値を持たせる検証手法です。

潜在的なユーザーどのチャネルから流入した時に検証する場合に有効な方法です。ブランドやサービス名が顧客に知られていない場合、まずはそれらを知ってもらうことを目的として、広告を出稿しはじめなければなりません。

こうした場合、広告効果を測定する手法として、起点モデルを使用するのが有効です。
 

3.線形モデル

「線形モデル」とは、ユーザーが商品やサービスを購入する際、閲覧したすべてのタッチポイントに対して、均等に価値を割り振る考え方を指します。

商品を購入した顧客がA〜Dという4つの広告を見てからコンバージョン(購入)に至った場合、貢献度の合計を100%とすれば、AからDの広告にはそれぞれ25%ずつの貢献度があることになります。

各チャネルに均等に貢献度が割り振られるため、分析手法としては行いやすいモデルになります。
 

4.減衰モデル

「減衰モデル」は、顧客が商品やサービスを購入する前、最後にクリックした広告を優先的に評価する検証手法です。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事