インスクロール広告について、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語

インスクロール広告とは、ユーザーがWebページをスクロールした際に現れる広告のことを指します。
最近ではテキストやバナーだけでなく、動画のインスクロール広告が主流となっており、スマートフォンを中心に活用が広がっています。
インスクロール広告のメリットと効果的な活用方法を理解して、ウェブマーケティングに役立てていきましょう。

インスクロール広告とは

インスクロール広告とは、ユーザーがWebページをスクロールした際に現れる広告のことを指します。
最近ではテキストやバナーではなく、動画のインスクロール広告が主流となっており、スマートフォンを中心に活用が広がっています。
今回はインスクロール広告の基本とメリット、効果的な動画のポイントについてご紹介します。

インスクロール広告、見たことがありますか?

インスクロール広告ってイメージがつかない、という方も、きっとインスクロール広告を目にしたことがあるはずです。
”スクロール”はユーザーの動作を示しますので、フィードをスクロールして、広告が可視領域に入った際に動画が自動再生される場合など、スクロールした後に表示される広告はすべてインスクロール広告となります。
インスクロール広告はテキスト・静止画・動画と様々な種類がありますが、近年は動画広告の発展により、主に動画フォーマットで活用されています。
また、似ている名前の広告タイプと混同しないよう、下記についてもあわせて確認しておきましょう。
 
インフィード広告:コンテンツとコンテンツの間に表示される広告。一見広告であることがわかりにくく、ネイティブ広告とも呼ばれています。
インリード広告:インフィード広告同様にコンテンツとコンテンツの間に表示される動画広告。
インストリーム広告:動画コンテンツの視聴前に配信される動画広告。
 
では次に、インスクロール広告のメリットをご紹介します。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事