アトリビューションマネジメントについて、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語

アトリビューションマネジメントとは、適正な広告投下予算を導き出すことです。
アトリビューションマネジメントを理解することで最適な広告配信を行い、広告効果を最大化させることができます。

アトリビューションマネジメントとは

アトリビューションマネジメントとは、適正な広告投下予算を導き出すことです。
様々な媒体を運用する中で、各メディアがどのようにコンバージョン獲得に働きかけているかを分析し、予算のリアロケーションを行うことで広告効果を最大化することが可能です。
しかし広告弾力性の課題があることから各指標を理解しないと適切なリアロケーションを行うことができません。
今回は、アトリビューションマネジメントとはなにか、そしてそのベースとなる広告弾力性についてご紹介します。

アトリビューションマネジメントと広告弾力性

広告の弾力性は5つのカテゴリに分類されます。

1.CPA固定型
CPAが固定されCV数も配信量に比例して増加されるものです。

成果報酬型のリスティングやアフィリエイト、またCPA固定型の自動配信がこれにあたります。

CPAが固定されていることから広告コストに見合った配信が可能ですが、固定されていることにより逆に獲得上限に達しやすく、次の打ち手としては結果CPA固定単価を上げないとより獲得数が増えない状況になります。

2.CPA比例型

広告配信量が比例することによってCVとCPAどちらも増加するのがCPA比例型になります。

一般的なリスティングやディスプレイ広告などの刈取を重視した配信に関しては、競合との兼ね合いとなるため結果としてこの型に該当されます。

そのため広告主の利益との兼ね合いをみて配信量を見極める必要があります。

3.適正予算型

広告配信量が比例することでCV数が増加し、CPAが効率化されるのが特徴です。

CriteoやAdwordsの機械学習の機能が該当すると考えられます。つまり初期の段階では学習の期間が必要になり、CPAが高騰する傾向にあるものの、学習が進むにつれて最適化され結果CPAが効率化される型が該当します。

一方で最適化を行うためには多くのCV数や競合の動きに即座に対応がむずかしいため、結果としてCPA比例型等に落ち着くことが多いです。

4.CV上限型

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事