ビュースルーCVについて、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語

ビュースルーCV(ビュースルーコンバージョン)とは、広告が表示された際にクリックしなかったユーザーが、別のルートでコンバージョンに至った数のことを指します。
例えば媒体Aの広告をみたユーザーが、後日媒体B経由で広告をクリックしコンバージョンした場合、媒体AのビュースルーCVは1となります。
ビュースルーCVを確認することで、より深く広告の効果を理解し、ウェブマーケティングに役立てることができます。

ビュースルーCVとは

ビュースルーCV(ビュースルーコンバージョン)とは、広告が表示された際にクリックしなかったユーザーが、別のルートでコンバージョンに至った数のことを指します。
例えば媒体Aの広告をみたユーザーが、後日媒体B経由で広告をクリックしコンバージョンした場合、媒体AのビュースルーCVは1となります。
ビュースルーCVを確認することで、より深く広告の効果を理解し、ウェブマーケティングに役立てることができます。
今日はそんなビュースルーCVについて勉強していきましょう。

ビュースルーCVはなぜ重要?

ビュースルーCVを計測することで、広告の間接効果を加味した広告配信ができるようになります。
その媒体でのCV実績だけでなく、他媒体のCV獲得に影響を与えているかどうかを把握することができるからです。
 
例えば幅広いユーザーに広告配信できる媒体の場合、CVRは低くても種まきの役割を果たし、他の媒体経由のCVをアシストしている可能性があります。
この場合、ビュースルーCVを確認せずに媒体を精査した場合、全体のCV数が低下する、という事象も起きかねません。
 
広告の効果は、CV数やCPAというような媒体それぞれの効果だけで判断せず、全体の広告配信の結果をもとに判断することが重要です。
そのためビュースルーCVは、広告の効果を判断する上で重要な指標となります。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事