LINEサンプリング × LINE Ads Platformの運用事例

2018/4/20

■はじめに

昨年2017.10.19にLINEは、店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の提供を開始し、その中の第一弾メニューとして「LINEサンプリング」をリリースしました。
LINEサンプリングとは、LINEユーザーに向けたダイナミックな商品認知・店頭配布サンプリングが可能なメニューとなっています。

 

ITPの影響などで、Cookieを使用したマーケティング以外が徐々に注目を集めているなかで、LINEの“友だち”もその一つとされています。
 
しかし、公式アカウントの有効友だち(=全体の友だち数からブロックしたユーザーを除いた数)を増やすべくLINEスタンプなどを実施しても、ブロック率が低くはない傾向にあり有効友だちが、思うように増えないなど、課題もあるかと思います。
 
LINEサンプリングでは、新商品などをユーザーに体験してもらいつつ、次のコミュニケーションのきっかけとすることもできるため、マーケティングにおいても非常に重要なソリューションになりえる可能性が大きいと考えています。

今回はそんなLINEサンプリングをLINE Ads Platform(以下、LAP)を活用して配信を行った事例について紹介いたします。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:塚原 康太


デジタルマーケティング本部ストラテジック部ソーシャル&インフィードグループ所属。
2016年度新卒入社。ネイティブ広告の中でも、Twitter/Facebook以外のインフィード広告やレコメンドウィジェット広告を中心とした広告運用・施策提案を担当。

Contents

ico人気記事