THE KISSマーケターに聞く、カップル達のペアリング事情

2018/3/14


カップルにとっては大切なホワイトデー。職場のタスクの1つとして捉えてしまっていませんか。「海外ではホワイトデーなんて、、」と文句ばかり言うのではなく、せっかくならイベントの1つとして楽しみましょう。
今回は学生時代にホワイトデーでドキドキしていた感覚を取り戻し、マーケティング活動に生かしてもらうために、ペアリングと聞いて最初に思い浮かぶブランド、THE KISSのマーケティング担当の方にインタビューを伺ってきました。

■THE KISSについて

編集部:早速ですが、THE KISSはどんなブランドですか?
株式会社 ザ・キッス マーケティング部 釣島氏(以下釣島氏):THE KISSは今年で22年目になる「ふたりの宝物」をコンセプトにしたペアジュエリーを作り続けているブランドです。
メインターゲットは18歳~23歳であり、ペアリングが400種類以上あるので、どんなカップルにも好きなペアリングを見つけてもらえるのではないかと思います。

編集部:釣島さんはどのようなお仕事をされていますか?
釣島氏:元々店舗で販売を行っていましたが、現在はマーケティング部に所属しており、主にPRを担当しています。
具体的には公式SNSの更新、新作商品のリリース作成、雑誌社や媒体社への商品貸し出し業務を行っています。

■ペアジュエリーの定番はピンク&ブラック!?

編集部:現在の人気商品はどのようなものですか?
釣島氏:秋冬の人気デザインはシンプルで、女性用の方に石が少しついているような、華奢なデザインが人気です。

 

 
編集部:人気のデザインは毎シーズン変わりますか?
釣島氏:あまり大きな流行の変化は無いです。2016年はピンクとブラックのペアリングが上位20位の多くを占めていたのですが、徐々にシルバーカラーの人気が増えており、今は半々くらいになっています。
 

 

編集部:ピンク&ブラックを選ぶんですね!シルバーが人気だと思っていたので意外です。ピンク&ブラックを買うのはどのような年代の方が多いですか?
釣島氏:この色を購入するのは大学生くらいの方が多いです。肌なじみが良く、かわいらしいピンクカラーは女性に安定した人気があります。
 
編集部:店頭ではランキング形式で陳列されていますが、ランキングによる影響はありますか?
釣島氏:かなりあります。前月の情報を元に毎月ランキングが替わるのですが、ランキング上位のものが目立ちやすい位置に置かれるので、売上も多くなります。
種類が多く、どこから見ていいかわからないお客様もいらっしゃるので、商品をご案内する際も、ランキングの上位から紹介していき、お客様の好みを把握することが多いです。
 
編集部:カップルで買いに来る人と、サプライズ目的で一人で買いに来る人の割合はどの程度ですか?
釣島氏:カップルが9割で、男性一人が1割くらいです。カップルだとペアリングが多いのですが、男性だけだとレディースのネックレスなど、サイズが分からなくても大丈夫なものを購入する方が多いです。
 
編集部:ホワイトデーにおススメのデザインはありますか?
釣島氏:現在、Lovin’ Heart Collectionというテーマで、ハートのモチーフのジュエリーを集めたキャンペーンを実施しています。
ハートはギフトでも、レディースのラインでもやはり人気なので、ホワイトデーに合わせてこのようなキャンペーンを実施しています。


 

編集部:アド論の読者は20代半ば以降なのですが、そのような方にはどんな商品がおススメですか?
釣島氏:昨年の8月に伊勢丹新宿店にTHE KISS CENTURIONという大人のカップルを応援するハイエンドラインのお店ができたので、気に入る商品が多いと思います。
 
編集部:THE KISS CENTURIONではどのような商品が人気ですか?
釣島氏:K10ゴールド素材の商品が人気で、誕生石を選んでもらい、オーダーできるものなどがあります。
他には形状記憶のジュエリーもあり、ご自身の腕や指のサイズに合わせることができます。ギフトでプレゼントする相手のサイズが分からない時にも向いています。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事