インプレッションについて、理解していますか?いまさら聞けないweb広告用語

2017/12/11

インプレッションについてしっかりと理解していますか?ウェブ広告業界に携わる人なら絶対に耳する言葉、インプレッション。今回は、そんなインプレッションについて詳しく解説していきます。ウェブ広告業界に新しく入ったばかりでわからない人や再度復習してみようと思う人は参考にしてくださいね。

  

インプレッションとは

インプレッションとは、ウェブ広告が表示された回数のことを指します。検索広告、ディスプレイ広告、動画広告でも定義は同じです。ユーザに対して、ウェブ広告が表示されれば、インプレッションが出たと表現します。インプレッションは、表示回数、imp、インプなどども呼ばれるケースがあります。ウェブ広告ではこの指標で、ユーザが何回閲覧したかを確認できます。

  

インプレッションとPVの違いについて

インプレッションは広告が表示された回数、PVは特定のページが表示された回数になります。特定のページに広告が5つ表示されれば、インプレッションが5つカウントされますが、PVの場合はページ自体の表示数であるため、ページを開いた瞬間にカウントされます。少し前までは、PVとインプレッションが同じになることが多かったため、勘違いされやすかったのですが、今では、いろんなサイズの広告が対応されるようになったぶん、PVとインプレッションはしっかりと数が分かれるようになっております。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事