店舗購買可視化の新たな取組み。GMO MARS DMPを活用したWebキャンペーンの効果を可視化!(Vol.2)

2017/11/15

前回のVol.1では、ある家庭薬メーカー様のWebキャンペーンで、認知やブランディングを目的としたキャンペーン効果を「実際の店舗購買」というKPIで追う為に、プライベートDMPである「GMO MARS DMP」を活用する取り組みについて、お伝えしてきました。前回の記事はこちら
リアル店舗会員かつLP閲覧ユーザーが一定数集まったということで、今回はいよいよ、Webキャンペーン後の「実際の店舗購買」についてお伝えしてまいります。


■テスト概要(以下のように任意のエリア、商品に絞ったかたちで実施)

-対象商品 :家庭薬系(単価1,500〜2,500円)
-対象店舗数:約700店舗
-投下インプレッション:90万imp


■結果(実際に購買した人はいた?)

リアル店舗会員かつLP閲覧者のIDリストを、ID-POSデータと紐付けて、その後1ヶ月間の購買行動を追ってみました。
すると、LP閲覧者252人のうち、3人が実際の店舗で対象商品の購買を行っておりました。購買率でいうと1.2%
重要なのは、この購買者たちがどのような人であるかを見極めることです。

まず過去半年間の購買をさかのぼった所、購買者のうち2人は過去に対象商品を購買したことがあるリピーターでした。そして残りの1人は新規購入者で、広告によるLP閲覧の効果によって購買に至ったと言えます。もちろん、リピーターに関しても、興味喚起されて再度購入に至っていると考えることもできます。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:丸山 剛


デジタルマーケティング本部 ストラテジック部 データアナリティクスグループ所属。銀行系SE、ネット広告の代理店営業・営業企画を経て、2017年にGMO NIKKOへ入社。プライベートDMPの提供や事業データ分析を通じ、ユーザーに合わせた最適なコミュニケーションの提供を実現すべく、日々精進しております。

Contents

ico人気記事