店舗購買可視化の新たな取組み。GMO MARS DMPを活用したWebキャンペーンの効果を可視化!

2017/9/20

■はじめに

「認知・ブランディングのためにWebキャンペーンを実施しているけど、実際の店舗で商品は売れてるの?」
「オンライン→オフラインへの波及効果を可視化したい。」
メーカー系の企業では特に、このような疑問・悩みを抱えているマーケターの方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。
「キャンペーンへのWeb応募」というKPIであれば、Google Analytics等の計測ツールを活用する事でその数値を追い掛ける事ができます。
しかし、認知やブランディングを目的としたキャンペーンの効果を「実際の店舗購買」というKPIで追う事ができたら、より効果的で意味のあるキャンペーンの評価ができると思いませんか?

今回はそのような「理想のKPI」を追うための第一歩となり得る取組み事例について紹介します。

■取り組み概要

この取組みの肝となるのが、プライベートDMPである「GMO MARS DMP」と、「リアル店舗(数百万人を顧客とする小売チェーン)のID-POSデータを保有するパートナー会社」の存在です。

下図にあるように、パートナー会社が保有する会員サイトにGMO MARS DMPを実装する事で、パートナーサイト会員=リアル店舗会員をWeb広告のターゲティング対象とする事ができます。
会員IDを軸に、オフラインとオンラインが繋げることが可能になります。
媒体タグによるリターゲティングにて、会員IDを蓄積することは難しいため、DMPならではの活用法と言えます。

上記を対象に、ディスプレイ広告を実施し、キャンペーンLPへ誘導する事で、「キャンペーンLPを見た」リアル店舗会員のIDをDMPで抽出できるようになります。

こうして抽出した会員IDと実店舗のID-POSを紐付ければ、

  • ・リアル店舗会員で、キャンペーンLPを「見たユーザ」と「見なかったユーザ」の購買行動の差
  • ・リアル店舗会員で、キャンペーンLPを「見たユーザ」のキャンペーン接触前後の購買行動の差

といった観点での分析が可能となり、今まで知りたくても知る事ができなかった
「Webキャンペーンがリアルの購買行動に与える影響」を可視化できる事になるのです。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:丸山 剛


デジタルマーケティング本部 ストラテジック部 データアナリティクスグループ所属。銀行系SE、ネット広告の代理店営業・営業企画を経て、2017年にGMO NIKKOへ入社。プライベートDMPの提供や事業データ分析を通じ、ユーザーに合わせた最適なコミュニケーションの提供を実現すべく、日々精進しております。

Contents

ico人気記事