「確実にターゲット顧客層に届け、確実に成果を上げる広告手法とは?」~People Based Marketing(PBM)実践セミナー~を開催しました

2016/12/15

アド論 byGMO のオフイベントとして、「確実にターゲット顧客層に届け、確実に成果を上げる広告手法とは?」~People Based Marketing(PBM)実践セミナー~を11月28日(月)に開催しました。

SIGNAL、ヤフー、Facebook Japan、GMOペパボ(minne)をお招きし、People Based Marketingをメインテーマに最新の事例を交えながらお話を伺っていきました。
本記事ではセミナー全体の概要についてご紹介させていただきます。

開会のご挨拶

ユーザーが利用するデバイスの多様化や、「人」に焦点を当てたコミュニケーションの重要性の高まりから、昨今注目が集まっているPeople Based Marketing。その活用方法や事例を聞くことができるということで、非常に多くの方にご来場いただきました。

弊社代表 橋口によるセミナー開会挨拶からのスタートです。

ゼロから学ぶPeople Based Marketing

SIGNAL株式会社
Commercial Director
治田 耕太郎様

 
最初のセッションでは「ゼロから学ぶPeople Based Marketing」と題して、People Based Marketingとはそもそも何なのかと、その必要性についてお話しいただきました。

これまでのターゲティング・リターゲティング広告や各種計測ツールでは主にCookieを用いてユーザーを識別してきましたが、Cookieには有効期限があり、利用者側で消去することも可能なため、長期にわたりユーザーを正しく把握していくには課題があります。また、複数デバイスを利用するユーザーが多いため、デバイスをまたいで「人」単位でユーザーを識別する重要性が高まってきています。

複数のデバイスを使っている消費者に対しても、連続した顧客体験を届けることの重要性と、その環境下でPeople Based Marketingの果たす役割について語っていただきました。

Yahoo! DMPを活用したリテンションアプローチ

ヤフー株式会社 
マーケティングソリューションズカンパニー
Yahoo! DMP サービスマネージャー
鍵山 仁 様

 
伝えたいメッセージを、伝えたい人に確実に届けるために、1st Party Data(自社で保有する顧客データ)を活用することは非常に重要になってきます。1st Party Dataを活用することで、新規獲得向けの施策では既存顧客を確実に除外し、リテンション施策ではセグメントを精緻に区別することができます。

1st Party Dataの活用では「情報量」と「マッチ率」が課題になってきますが、Yahoo! JAPANのデータと掛け合わせることによって新たな消費者像を見つけたり、比較的高い確率でデータとユーザーをマッチさせることが可能になります。

また、施策を実行する際には、どうしても短期的なCPAを追求しがちです。そうではなく、長期の売上や継続率、LTVなど、広告費以外の事業KPIを意識して施策を実施することの重要性についてもお話しいただきました。

カスタムオーディエンスの高度な活用

Facebook Japan
クライアントパートナーマネージャー
仮屋崎 亨様

 
世界的にモバイルシフトが進む中、とりわけ日本ではeコマースの半分以上をモバイルコマースが占めるようになってきており、モバイルへのターゲティングを行う重要性が高まっています。

Cookieのみでユーザーの特定・計測を行った場合は、Cookieが削除されることで正確さに欠けてしまうことに加え、複数デバイスを使っているユーザーに対してはフリークエンシーを適切に制御できず、過剰に広告に接触させてしまうことになります。

1 2
ご相談はこちら
photo

ライター:アド論 編集部


Contents

ico人気記事